パ・リーグ?何それ?

64試合目

横浜6-4阪神(勝ち:三浦、S:ソーサ)
 HR:ブランコ24号(2ラン)


番長は2日ズレて登板。昔ほどの球威やキレがなくとも
コントロールで頑張り、甘い球をソロムランされた以外は
辛抱強いピッチング。8回はさすがに力尽きてしまったけど
今年の暮れに40歳になることを考えれば十分です。

ブランコが久々に一発。詰まった当たりが伸びてスタンドに
入ったような感じでも、ホームランはホームラン。良かった。
しかし次の打席で藤浪にインを攻められて肘のやや上腕部寄りを
怪我してしまいました。試合終了後の情報で骨には異常無しと分かって
一安心しました。でもまたこれで調子も逆戻り?不遇です。

打つ方は藤浪をそれほど攻略した訳ではなくてブランコへの死球も含めて
暴投が多くてそれに乗じた感じです。それでも荒波はよく打ってくれました。
彼と高城の二人は走攻守で活躍してくれました。
高城は昨日がマートン、今日は西岡にホームタックルを食らっても
元気に盗塁阻止していたので結構頑丈?
そういえば昨日書き忘れましたが梶谷が三振の際に骨折していました。
元々ヒビが入りかけてたのかよく分かりませんが
一軍レベルの選手層が薄いベイスターズには故障者は痛い。
さっさと戻ってきてレギュラー争いに参加して欲しいです。

井納は昨日みたいにいかず、三浦が出したランナーを二人共
返してしまいました。その後、阿斗里が出てきて昨日に続いて
抑えました。あれがなかったら三浦の勝ちは消えていました。
というかチームが負けていました。


借金はまだ10もありますが、阪神との対戦成績が五分になり、
セリーグだけの成績が五割になりました。交流戦前が借金2で
それを返した形になります。交流戦の7勝17敗が痛い…

COMMENT 0