嬉しい誤算

27日の試合

88試合目
横浜4-1阪神(勝ち:コーコラン、S:ソーサ)


こっちは一軍当落線上のコーコラン、あっちはエースの能見さん。
どう考えても勝てそうもなく、実際に能見に5回までは
ただ一人のランナーも出すことが出来ませんでした。
しかしその一方でコーコランが5回を何故か1失点に抑えていました。
試合が動いたのは6回。宮崎がヒットでこの日のチーム初出塁の次は
鶴岡バントで代打井手の同点タイムリー、金城繋いで
モーガン勝ち越しタイムリー、ブランコでも1点追加。
あとは高崎、菊地、加賀、大原、ソーサとリリーフ投入して逃げ切りました。
最終回に西森がNPB一軍初打席初ヒット初打点をしたのも
セーフティーリードの3点差になって良い駄目押しでした。


形の上では一時的に3位に浮上しました。でも借金は二桁。
順位よりも借金を一つでも減らす方が重要です。

COMMENT 0