長いトンネルとトンネルの隙間だったりして

2試合分をまとめて更新します。

99試合目(10日の試合)
横浜2-3x東京ヤクルト(負け:大田)
 HR:ブランコ32号(2ラン)

コーコランが謎の7回2安打2失点。7四球はいただけないけど
失点が全て。逆に狙い球を絞られなかったのだと思います。
横浜打線は小川から6安打しておきながら完封されそうな勢いだったのを
9回に石川のヒットとブランコの2ランで試合を振り出しに戻します。
11回に2アウト満塁で代打宮崎が凡退し、その裏に阿斗里が
四球、バント、四球、敬遠、サヨナラ押し出し四球というふざけた自滅でした。
成長したと思ったのに~。

100試合目(11日の試合)
横浜13-7東京ヤクルト(勝ち:国吉)
 HR:梶谷2号(2ラン)

ヤクルト先発のラルーが打ち頃ピッチャーで
4回ノーアウトまでで12安打。普通これで試合が決まっていますが
こっちの三嶋は2回もたずに交代しています。
1回と2/3で5四球。ここまで制球が乱れていると
もう下半身と上体がバラバラだとか腕の降る位置とか
リリースポイントとかもうメチャメチャになっていて、
休養と調整をしないと駄目な段階まで来ているのでは?
その後の国吉は予定より早い登板だった割には頑張りました。
今シーズンは使い物にならないかと思っていましたが
ここで上げてロングリリーフさせたということは
残り試合に先発で投げる機会がありそうです。

連敗は脱出しましたが7失点しているし
次はまた巨人戦です。どうやったら勝てるんだろう…

COMMENT 0