今度は3タテ回避

101試合目

横浜10-7巨人(勝ち:三浦、S:ソーサ)

前のカードと同じく三浦と内海の投げ合いでした。
三浦は初回に阿部に2ラン打たれた以外は抑えて
6回まで2失点。内海は3回と5回にこちらが打ち込んで
5回5失点で降板。その後、巨人は笠原と高木京介を投入し、
高木京がバッティングピッチャー状態で横浜は一挙5点。
しかし三浦の続投は結局失点を招き、7回裏は村田に3ラン、
8回裏は高橋由伸とボウカーにソロを浴びて3点差。
山口俊が亀井を三振に仕留めてソーサに託します。

最終回はソーサがいつものようにランナーを溜めて
ヒヤヒヤさせました。2アウトながらも打者は長野。
前回の対戦で、体がやけに早めに開いて巻き込むように
レフト線へ引っ張る三塁打を打たれたのを思い出しました。
そのせいかどうか知りませんが今日はアウトコースだけ
投げて最後は抜いた変化球で三振にしてゲームセット。
三浦が東京ドームで勝利したのは2005年8月10日以来だとか。
7失点だったけど今期は巨人に好投していたから
そのご褒美みたいなものです。
そして今日のヒーローインタビューは石川。
8試合連続マルチヒットは球団新記録だそうです。
母校の横浜高校も勝って甲子園3回戦進出を決めたし
この調子が続いて欲しいものです。


COMMENT 0