チームの勝利優先

117試合目

横浜2-1東京ヤクルト(勝ち:大原、S:ソーサ)
 HR:梶谷9号(ソロ)


小林寛は左わき腹の痛みで3回で降板。
現状、そこそこ投げてくれるピッチャーだけに
残念でした。その代わりにソト、藤江といった
ずっと二軍に居た投手が頑張ってくれました。
ソトは期待はずれだっただけに来季は頑張って欲しいし、
藤江も本来なら一軍の勝ちパターンで投げて欲しい中継ぎ。
阿斗里も失点しなかったし助かりました。
大原は2アウトからバレンティンを敬遠気味に歩かせて
ユウイチを打ち取りました。

打線は梶谷以外ほぼ沈黙、9回に満塁から鶴岡がスクイズ決めて
決勝点になりました。最後はソーサが2アウトから
山田に四球出して代走の比屋根の盗塁を鶴岡が刺して終わりました。
まさか勝ち越せるとは。昨日の大逆転が大きかったです。

バレンティンにまともにストライク投げないのは
戦術の一つなのに、昨夜に本人がTwitterで
横浜をディスっていたのが物凄く残念でした。
ヤクルトファンに英語で怒られて削除したようですが、
仲良しのブランコのメンタルを見習ってもらいたいです。


今日の勝ちで今期50勝目でしたが、
2009年以来の50勝です。つまり
2010~2012は50勝してないということです。
08年は50勝目が10月2月だったそうです。
だから今年はひと味違うベイスターズです。
今日のコバカンの故障で先発事情がまた更に厳しくなりました。
打てる所で打って勝つのみ。零封されなければ望みはあります。
Date: 2013.09.01 Category: 横浜DeNAベイスターズ  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


FC2カウンター
プロフィール

タンバリン

  • Author:タンバリン
  • アニメ鑑賞やTVゲーム
    の感想、自作PC弄りなど
    誤字脱字を面倒で直さずに
    書き連ねる日記です。
    国益を損なう政治家や
    メディアをたまに糾弾します。
Twitter
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ