一球入魂

126試合目

横浜1-3巨人(負け:三嶋)

三嶋はよくやりました。2点目の取られ方が
守備難としか思えなくて。3点目のスクイズは
フォースプレイじゃないからどうで防げなかった。
この三連戦は投手力の差はそれほど大きく出なくて
打者というか野手の差が如実に現れたカードでした。
走塁、外野の捕球や送球、内野の中継、
どれを取ってもソツが無い巨人とアマチュア以下の横浜。
チャンスやピンチでプレッシャーを感じる割には
当たり前の事が出来ていないと分かったのが
チームの収穫かもしれません。

打てないのは実力面が大きいから仕方ないけど、
ゆっくり走ったり途中で走るのをやめたりするのは
単なる怠慢だから今シーズンの残り試合は今日の試合を思い出して
最後までキッチリこなす野球を心がけてもらいたいです。
まだ18試合も残っています。ブランコは死ぬ気で全力疾走しろとは
言わないけど打ってすぐ普通に走り出していたらセーフだったし
足の捻挫もなかったはず。

COMMENT 0