常に複数の選択肢がある

133試合目
横浜1-5中日(負け:井納)

井納はあまり良くありませんでした。
でも横浜の投手陣の中で最近の成績が一番安定しています。
3試合連続でHQS(7回以上投げて自責点が2以下)達成。
試合はお陰で拮抗していました。しかし阿斗里が炎上…無念。
その前の攻撃で石川が二塁から帰ってこれなかった事も問題です。
梶谷のライト前ヒットは球足こそ速かったものの
ライト平田の捕球は奥だったしチャージして投げる体勢でもなく、
打球もライナーみたいな帰塁する当たりじゃないから
二塁からリードした状態なら石川の足で余裕でホームイン出来た筈でした。
スタートが遅れた理由はニコ動や実況スレで色々書かれていましたが、
梶谷のボールカウントがノースリーで捕手の谷繁が外に構えていたから
四球と読んで投球と打球に集中するのを怠ったからという説が
私も納得がいきます。となると「怠慢」です。
細かい野球をやっていかないと、勝てるものも勝てなくなるから
これも今シーズン終わりまで徹底してもらいたいです。


ヤクルトが引き分けて最下位とのゲーム差が0.5近づいただけで済みましたが
中日とのゲーム差は開き、4位への道が遠のきました。

COMMENT 0