先制、中押し、ダメ押し

134試合目

横浜8-1中日(勝ち:須田)
 HR:荒波4号(3ラン)


5勝2敗で何気に貯金3つの須田が先発。
四死球が気になりつつもヒットは打たれず
頑張ってました。6回に手の指を気にしだして
デニーと審判を呼んで何か話していましたが
その時は降板せず、ランナー2人出してから降板。
既に点差は広がっていたけど長田が抑えてくれなかったら
負けていたかもしれません。

攻撃側は初回に石川ヒット、松本バントで梶谷が返す
理想的な先制をして金城の振り逃げから荒波の3ラン。
振り回すのは褒められないけど突き抜けちゃえばいいか。
ブランコは今日もブレーキでした。
来年の事があるから今年はこのままでいいとして
調整し直して欲しいです。

藤江は中畑がコメントで言及するくらい微妙、
山口は安定してたけど今までの事があるから信用できない、
田中健二朗は阿斗里みたいな場面で投げられるように
信頼を勝ち取って欲しい。

嬉しかったのがモーガンの代わりに上がってきた内村の活躍です。
7回の代打で登場、粘って四球を選び、盗塁も成功。
8回には2アウト一三塁の場面で粘ってからの叩きつけピッチャー返しで
タイムリー内野安打でした。二塁に滑り込んだ石川がボールに当たらないよう
屈んで避けようとしたのが面白いシーンでしたが
あれこそが内村の真骨頂ともいえるバッティングでした。
今、トレード相手の藤田が楽天の優勝に向けて攻守にわたって
活躍しています。藤田は今でも大好きな選手ですが
横浜ファンにとっては内村の活躍の方が大事です。
それだけに今日の内村のプレーはとても気持ちが良かったです。

中日との対戦を2試合残して12勝目。これで負け越しはなくなりました。
2試合のうち一つでも勝てれば対ヤクルトに続いて勝ち越し。
出来れば明日勝ちたいものです。

COMMENT 0