終盤になると試合が壊れる

昨夜は手が痛くてあまり字を打ちたくなかったので
今夜に纏めて更新。

135試合目
横浜4-7中日(負け:ソーサ)
 HR:後藤6号(ソロ


三浦が不調ながらも頑張っていても黒羽根や梶谷の悪送球で
足を引っ張られてしまったのが印象的でした(ニコ生タイムシフト視聴にて)
梶谷はその後三浦の負けを消すタイムリーを打ちましたが
その次のノリは凡退した上に最終回で炎上寸前のソーサを完全に炎上させてしまいました。
勝てる可能性が高かっただけに悔しかったです。

別の視点から見ると、朗報がありました。前回も番長と投げ合った
川井雄太は長野県佐久市界隈の出身、上田西高校を卒業。
9連勝したシーズンもあったのに今年はクビ寸前。
最終テストとして一軍に上げられて前回と今回、ベイスターズ相手とはいえ
それなりの結果を残しました。オリックスの金子千尋、楽天の聖澤諒など
長野県で育った選手が活躍してくれる事は嬉しいので
横浜が負けた悔しさは勿論一番なんですがそれを抜きにすると
川井が生きながらえた事は嬉しく思います。

136試合目
横浜1-6阪神(負け:加賀美)
 HR:梶谷12号(ソロ)

加賀美は7回2失点(自責点1、しかしエラーは加賀美自身の野選)
で合格点。5四球もしちゃっているから制球が課題なのは当たり前として、
2失点という結果が一番大事です。能見相手に1点を追う厳しい展開で
勝てるとは思ってませんでした。だからといって9回の山口の投球内容は
昨日のソーサよりも酷いものでした。失点の原因が全て山口だったから。
被安打5、与四球1、失点4。ここまで失点するなら田中健二朗を
投げさせた方が良いくらい。今年は阪神相手に無失点だったようですが、
昨日までに5回と1/3しか投げていなかったので分母が小さかっただけ。


ヤクルトが勝ってまたゲーム差が縮まりました。
たった2.5ゲーム差なのでチーム状態を見れば
旗色が悪いです。しかし、まだ最下位が決まった訳ではありません。
「やっと他のチームと争えるようになった」
ところを見せてやりたいです。
Date: 2013.09.24 Category: 横浜DeNAベイスターズ  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


FC2カウンター
プロフィール

タンバリン

  • Author:タンバリン
  • アニメ鑑賞やTVゲーム
    の感想、自作PC弄りなど
    誤字脱字を面倒で直さずに
    書き連ねる日記です。
    国益を損なう政治家や
    メディアをたまに糾弾します。
Twitter
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ