夏は豊作

今年7月に1クールで放送されたアニメの感想。
ニコ動オンリー。終わったものから。


・ブラザーズコンフリクト
 乙女ゲーをアニメ化した割にはそこそこ上手く纏まっていました。
 主人公の女の子は本当に名前で呼ばれない。見ている女子は
 その方が自己を投影しやすいみたいですが、私はギャルゲーで
 本名よりはデフォルトの主人公の名前を使う方が好きなので
 その辺はよく分かりません。全員が主人公に告白したわけではなく、
 「次は参加させてもらう」みたいな次回作を匂わせるような発言。
 PSP版は去年出て今年も出て、それぞれ攻略対象が限られているから
 それと連動して二期、という事もあり?

・犬とハサミは使いよう
 ノリと勢いだけの馬鹿作品。こういうのを待っていました。
 主人公は何で犬に魂が移ったのかが分からずじまい。
 秋山忍こと夏野霧姫は何でその主人公を好きになったのかも分からずじまい。
 この世界の小説家は戦闘力が高いらしい(笑)
 無節操なギャグアニメは好きなので、
 原作のストックがあったら二期をやって欲しいです。
 一番面白かったのは円香の武器のマグロイーターと
 「お兄ちゃんどいて!そいつ殺せない」のパロがあった回。
 

・神様のいない日曜日
 人が死ななくなった世界で、唯一ターンアンデッド出来る墓守。
 しかしその設定が活かされる前に何故か学園物に展開していきました。
 墓守設定が再び生きたのは最終回のラストシーン。
 実はとっくに死んでいたアリス(男)を墓から掘り起こして復活させてました。
 ループ世界が出来た理由は某作品にそっくりでした(笑)
 ストーリー全体において説明が足りない作品でした。
 訳がわからないまま終わるようなら、解説役を作って
 全部説明させても良かったくらい。

・きんいろモザイク
 最初から最後まで女の子達がキャッキャウフフで
 ほのぼの終わった日常系。アリスがしのを、あやが陽子を好きすぎて
 常にツインキマシタワー状態でした。サバサバした陽子はともかく
 しのは天然でデリカシーが無い発言や行動をする所為で
 途中から「鬼畜こけし」のコメントが沢山流れるようになりました。
 アリスがしのに手渡そうとした誕生部プレゼントを「ゴミですか?」
 クリスマスプレゼントに石を渡してアリスが病んで英語しか喋らなくなったり、
 まさに鬼畜こけし。登場人物の英語の発音はネイティブの人には
 どうだか分かりませんが少なくとも日本語的な発音でないところから
 声優さんがCOCO塾の指導を受けて頑張ったのだろうと伺えます。
 「萌えアニメ」だから万人受けはしないけど、そういうのが
 嫌いじゃない人は見ると良い。

・君のいる町
 リアルをフィクションでやろうとして受けが悪くなった作品。
 「枝葉柚希」というヒロインは色々と酷い。東京から広島に来て
 主人公と相思相愛で、東京に戻ったら勝ってに別の男と付き合っていて、
 主人公は広島から東京まで追いかけてきたのに邪魔者扱い。
 付き合っていた男が死んだら主人公の気持ちばかり伺って、
 主人公が別の女の子と付き合い始めたら…ここから先は主人公もクズだった。
 というか広島で主人公の事が好きだった七海ちゃんだかはどう決着ついてるの?
 主人公とヒロインの移り気な部分ばかりが目立って、
 アニメーションの質も相俟ってアンケート評価は最悪でした。
 こういった恋愛劇は昨今の1クールでやるものじゃありません。
 昔みたいに大きなスポンサーついて、時系列に沿ってじっくりやれば
 割と面白い作品なんだろうな、と思います。

・私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!
 他人と普通にコミュニケーションが取れれば何の問題も無い
 性善説の塊のような世界におけるゴミみたいな思考の主人公。
 クラスメートや担任とすらまともに喋れず、
 頭の中では常に他人を罵倒して世間を恨んでいる割には
 自分を変えようとする事に関しては悪い意味で行動力があり、
 何かやらかしては失敗を続けています。
 主人公は「典型的なボッチ」というより「厨二病の末期症状」です。
 そんな主人公に対して世間はいつでも手を差し伸べてくれます。
 しかし感謝の念は無い。もこっちはクズ。だから大抵は
 いいことがあった後に壮絶なオチが待っているのですが、
 文化祭の回みたいな例外もありました。

・恋愛ラボ
 「きんいろモザイク」と同じく芳文社の雑誌で連載している4コマ。
 端的に言ってしまえば、「主人公が吐いた嘘が最後にバレたけど予定調和で終わった」。
 嘘というのは今まで男の子と付き合った事の無い主人公が
 「モテまくり」と生徒会長の女の子に言ってしまったこと。
 この嘘を切っ掛けに生徒会で「恋愛研究」なるものが形となって発展していったので、
 言い出せない雰囲気になってしまい、最終話でバレる展開に。
 それでも最後は仲良く終わりました。絵柄もギャグも演出も良質で、
 さらにニコ生上映会では原作者や声優までリアルタイムコメントする回もあったりして
 作り手側と視聴者側の一体感があり、高評価で終わった作品でした。
 

他作品は最終回を見終わったら書きます。

COMMENT 0