残り2試合まで頑張れた

142試合目

横浜3-7阪神(負け:須田)
 HR:ブランコ41号(2ラン)


須田が酢ダコになってしまいました。
これは私と父が見た広島戦での須田。
こうなるとどうにもなりません。
ランナーが溜まった状態で土屋にチェンジ、
土屋も大概でしたが松本のファインプレーで3アウト、
の筈だったのに三塁審の西本がバウンドからキャッチした判定で
1-3から1-5に。この後はブランコが打点王を固くする上に
首位打者も現実的になってきた41号2ランで二点差へ詰め寄るも、
最終回に長田が2ラン浴びて再び4点差、その裏はアッサリ抑えられて
今シーズンの5位が確定しました。4位になれなかったのは残念です。
でも142試合目まで4位か5位か確定しなかった事は
去年までの低迷っぷりと比較したら大きな進歩です。



中畑続投、小池と篠原は戦力外で引退、ラミレスと森本稀哲は現役続行志願。
小池は横浜高校時代から見てきた選手、しかも去年からは
同級生の後藤がチームメイトになり、その後藤より先にユニフォームを
脱ぐことになろうとは。篠原は尾花政権で復活した
ダイエー時代からの名投手。彼が居なかったらもっと酷いビリだったことでしょう。
ラミちゃんは守備は良くなかったけど打撃での貢献は大きかった。
内川が居なくなって貧打の横浜打線で長打を狙えた選手でした。
出来れば野球理論をウチのチームで、という思いもありましたが
現役続行したいのなら仕方ない。今までありがとうございました。
森本稀哲は打撃が期待値を大きく下回ってしまい、
記憶に残っているのがいつぞやの交流戦で古巣の日ハム相手に中止となって
小谷野とプロレスやった事くらい。他球団で復活すればちょっと嬉しい。

安斉、松下、牛田、細山田も戦力外。安西と育成の松下はともかく
牛田は残念。あの半袖姿と左右打者関係なくキレの良いフォークで
抑えてくれた事は忘れません。細やんも三浦相手にマスク被って
何度も勝ちに貢献した事、打率は確かに1割台だったけど
だからこそヒットが印象に強く残りました。
先月の二軍戦では代打サヨナラ満塁ホームランを打ったそうで、
それが最後の活躍となってしまいましたが今後はどうするんでしょう。

これからどんどん戦力外通告の情報が出てくると思われます。
Date: 2013.10.03 Category: 通常日記  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


FC2カウンター
プロフィール

タンバリン

  • Author:タンバリン
  • アニメ鑑賞やTVゲーム
    の感想、自作PC弄りなど
    誤字脱字を面倒で直さずに
    書き連ねる日記です。
    国益を損なう政治家や
    メディアをたまに糾弾します。
Twitter
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ