まだるっこい?

自転車で長野市街地北部まで自転車で走ってきました。
県南部から片道16.5kmだから遠くというほどではありません。
もし、これが長野県庁から善光寺まで上ったり更に浅川方面へ行く
上り坂ルートならキツいでしょうが、平地メインで北東部に行くなら
そんなには辛くありません。最短ルートと比較して距離が遠くなるだけです。
ゆっくり走って余計に時間は掛かりましたが楽でした。


今年中に改正道路交通法が施行され、「路側帯は右側通行禁止」になります。
今までは徐行ならOKでした。だから今後は警察がその気になれば
右側車線の路側帯を走っている自転車をしょっぴく事が可能になります。
私は願ったりかなったり。歩道の無い狭い車道に大きめなトラックが通る事もあって
路側帯を通行する事が多いのですが、周囲は平気で逆走の方向から、
学校帰りの高校生なんかは横に並んだりして避ける気配も見せず、
仕方なく止まってやりすごす事があります。いちいち怒鳴りつけてられないし。
しかもそういった並列走行は歩行者にも避けさせるので
現行法でも違法走行です。ある意味二人乗りよりも危険です。
自転車の走行区分は道路標識以外にも案内の看板を設けるとか、
新聞に載せるとか、学校で徹底して教えるとか、とにかく
施行寸前でも施行後でも何でもいいから皆が意識することが大切です。
政府には安全の為に法律が改正されたという動きを見せて欲しいです。

日本は狭いのでこの通行区分に関しては問題も発生すると思います。
そしてそれは上で書いたような子供並列うんぬんじゃなくて
お年寄りの自転車、子供乗せたママ自転車でしょうね。
買い物の為にわざわざ反対側から回りこむ訳ないだろうから。
私は体の組織形成能力はかなり弱いみたいだけど
体力的に大きく劣っている訳ではないので左側通行を徹底します。
近くの横断歩道まで行ったらそこから押して歩く。

COMMENT 0