次なる手

一ヶ月近く前に皮膚科に掛かって薬を処方してもらい、
悪化していた皮膚炎が一時期は良くなりましたが
また悪くなってしまったので再び診てもらいました。
院長の息子医師に診察してもらったのですが
ステロイド軟膏はまた使っても良いというか
間隔を置けば大丈夫みたいな事を言われたので
とりあえずは強力なステロイドを数日使うことにします。
それはそれとして別の薬も処方されました。
一つは飲み薬。手の件で内服薬を処方されたのは初めてです。
もう一つはリント布に塗布された白い薬。炎症の酷い指には
今までの薬を塗った上でその布を貼り付けます。
薬は「サトウザルベ軟膏20%」。白くてワックスみたいにベタつく軟膏です。
昔1回だけ処方・処置されたのを帰りの車の中で思い出しました。
手荒れは小学生の時に発症して次第に悪化してきた持病のくせして
皮膚科に掛かった回数は昨日の分を入れても10回ちょっとなので
記憶が比較的鮮明です。

処置してもらったのは高3の時に横浜南共済病院で。
土曜日に父が学校まで車で迎えに来て早退して行きました。
ステロイド系の軟膏とリント布および白い軟膏の両方を処方されたはず。
昨日処方されたものと全く同じかどうかは分かりません。
ただサトウザルベ軟膏の販売開始が↓によると
http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/2649710M1037_1_02/2649710M1037_1_02?view=body
かなり古いので、処方された可能性が高いです。
あの時は小さな容器に入れてもらったような。
今回は塗布されたリント布だけ。 指を限定すれば結構な日数分使えますが、
両手の中指と薬指に使ったら4分の1が消えました。
これだと土曜日で終っちゃう。土曜日までに症状が治まれば
残りの数日をステロイドで凌いで一旦は終息させられます。
やるだけはやってみます。

COMMENT 0