笑えないシステム

ペルソナ3をチンタラ進めている間に
テイルズオブエクシリア2も始めました。

131215-01.jpg
発売から一年以上経っても初回封入特典プロダクトコード付き。

131215-02.jpg
PSNで12ケタのコードを打ち込むのではなくて
バンナムのサイトで会員登録してログインして
IDとプロダクトコードを紐付けします。
そうまでやって会員増やしたいかと。
と言いつつ私はIDを既に持っているのでさっさとログイン。

ゲームデータインストールも滞りありませんでした。

タイトル画面でNew Gameを始める前に
Digest Movieを選びました。これは前作をプレイしていない
人の為のナレーション付きムービーです。
全部で5つあり、エクシリアの概要をそこそこ上手く纏めたかな、
と思いました。私もこれでおさらいをし、ゲーム開始です。

今作の主人公のルドガーは前作の主人公達にとっての異世界
「エレンピオス」の人間。でも冒頭のイベントを1つ終えて
次のイベントが始まると前作の主人公ジュードが出てきて
二人で同行するようになります。

ゲーム開始時に前作のセーブデータ、前作のクリアデータ、
ヴェスペリアのセーブデータ、グレイセスエフのセーブデータがあると
衣装に着けるアタッチメントが追加されます。
初回封入特典の方はルドガーが「ラタトスクの騎士」のエミル、
ジュードが「ヴェスペリア」のユーリ、ミラが「グレイセス」の
アスベルみたいな衣装をゲット出来ます。
ミラはまだ登場していないので、ルドガーとジュードで試しました。
そうしたら戦闘BGMが変化。ユーリ衣装だとヴェスペリアの「不撓不屈」、
エミルの衣装だと「シンフォニア~ラタトスクの騎士~」の「Full Force」。
音源は「ラタトスクの騎士」バージョンなのかもしれませんが
ヴェスペリアは第三部のカッコイイ戦闘BGMでラタトスクは
ラタオリジナルを使わないという。PS3でラタBGMを聴きたかったのに。
もし聴きたかったら秋に出たユニゾナントパックを買えということか。
http://tos-u.tales-ch.jp/
これはPS2版シンフォニアとWiiのラタトスクをほぼベタ移植したものだから
安くなったらラタトスク目当てで買うかもしれません。


戦闘システムは前作との違いが分からないくらい一緒です。
仲間とLinkして、ゲージが一定値になったらLink技を使って
ゲージの段階を上げていき、MAXになったらLink技のコンボを使える。
仲間が増えればLink相手を瞬時に変えてLinkチェインが楽しくなります。
もっとずっと進めれば秘奥義を覚え、ゲージが無くなる前に秘奥義を放って
敵に大ダメージ。

前作の自由度の低い成長システムは少し変化しました。
レベルに関係なくポイントでスキルを得られるのは有難い。
一番違うのは「借金」。2つ目の列車イベントで今作の謎が
色々出てきました。時間が巻き戻ったのか、平行世界か。
ここ近年はアニメゲームでそんなネタばかり(笑)
大きな借金を背負ったルドガーは行動を制限され、返済値によって
行動範囲が広がっていきます。どうせテイルズなんて
基本的に一本道なんだから、こんなシステムで先を塞がなくても
良いのでは?いちいち催促されるから邪魔。
ただ、戦闘や素材集めやクエストは苦になりません。
少額の返済とスキル用のポイントを集めながらチンタラ進めていきます。

COMMENT 0