シーズン限定

11年前に飛び込み営業のバイトをした時は
雪の上を歩いてばかりでした。その時は
運動靴と革靴の間の子クラスのもので乗り越え、
ブーツは履いていなかったと記憶しています。
平野部はここ数年、歩行に難が出るほど
根雪になってはいません。だから車移動なら
特にブーツを買う必要はありませんでした。
今冬はなるべく近所の用事は徒歩をメインにして
足腰の衰えを防ごうと思って
滑り止め金具付きの靴を買いました。
足首まであってファスナーで調節出来て裏面がギザギザしていて
金具が起こせるタイプ。見た目は安い表面ツルツルの紐革靴。
実際に安かったんですけど。

最初はずんぐりしたブーツを買おうかと思っていました。
しかし思い留まりました。前段に書いたように
近所で雪の上をズボズボさせながら歩くシチュエーションは
極稀だからです。今履いているスニーカーじゃ
すぐビショビショになってしまうような時に
ちょっと歩けるような靴、それが今日買った靴です。


歩いてみたら足首まであるのがネック。いや足首だからアンクル?
前に歩き出す際に窮屈です。私の経験上すぐに靴ずれを起こします。
ファスナーを少し下げた状態で歩いてみると可動域が増えて
窮屈さはなくなりました。横からの水分の侵入が気になりますが、
基本的に雪道を上から踏むだけだから大丈夫でしょう。
安い分だけ中は堅く、偏平足の私が歩き続けたら
すぐにモートン病になってしまいます。
そうならないよう、適切なインソールをネットで探します。
まだ年末に間に合うかな?

COMMENT 0