良作揃い

10月開始アニメの感想つづき。

<京騒戯画>
 鏡都は絵の中の世界だと思っていたら
 管理している並行世界から外れた世界で
 それを壊すと世界が全部壊れるとか
 ガッカリ展開とはい言わないけど
 ここ近年使われまくりの設定だったか~とは思いました。
 ただ京都の寺社仏閣、実在した人物を基にしたキャラクター、
 椎名豪の壮大なBGMが独特の世界観を生み出していて
 東映アニメの凄さを実感しました。
 実質10話で終わるのではなくてもっと尺を延ばして
 じっくり見たかったです。
 0話や10.5話ではなくて本編中での説明に時間を使って
 「何だかよく分からなかった」という人を減らして欲しい
 思いはあるにはありました。ただ、分からないなりに
 知識欲を掻き立てる作品でした。


<リトルバスターズ!~Refrain~>
 私のブログではKeyカテゴリを設けているくらいなので
 リトバス単体でブログを書くべきところですが
 その他と一緒に短めに書いちゃいます。
 Keyというか脚本の麻枝准氏が毎回使うループもの。
 そこにどんな肉付けがされているかで面白くもつまらなくも
 なります。私がリトバスを好きなのは、そのループの理屈よりも
 ループの目的が「理樹と鈴を強くする」ことにあるからです。
 とても単純。謎の奇跡で生まれた「創られた世界」の中で
 恭介と真人の目的は果たされようとしました。失敗もあったけど。
 謙吾は現実世界で皆と遊んだ時間が少ないまま死んでしまうのを
 惜しみました。「創られた世界」の秘密に迫ろうとした理樹の
 強力を拒みもしました。他の女性メンバーは自身に抱える闇を
 理樹に理解してもらい、あのまま死んでも成仏できそうでした。
 原作だと、理樹と鈴だけ生き残るエンディングを見ないと
 アニメでも見たエンディングに到達しません。
 二人のみ生還EDから謎の逆戻りをして皆をバスから助け出すのですが
 恭介までは救い出せません。一期OP歌詞の
 「ここからは一冊しか持っていけないよ」
 の部分がこの辺りに該当するはず。
 最終的には理樹と鈴が想定外に強くなって恭介を含めて
 全員を救い出し全部良いトコ取りをして
 「ここからも書き続けていけばいいよ」というLittle Jumperバージョンに
  変わっています。これをBGMに皆でキャラバン(日産車)に乗って
 出かけるところも、 屋根の上から真人と謙吾が落ちる所も
 上手く再現して 感動しました。

<WHITE ALBUM2>
 ホワイトアルバムと言えば三角関係です。マクロスみたいなものか。
 確かに経緯だけ見ると春希とかずさとの間に雪菜が入った形ではありますが
 彼女が居なかったら軽音楽同好会とやらは何も起きませんでした。
 冬と春の間に降る雪なんて三人のネーミングが素晴らしいですね。
 アニメの出来はアニメーションとしての動きは乏しいものの
 感情の描写が上手くて心に響きました。脚本と演出の勝利。
 原作をプレイしたくなりました。多分中古価格が上がっているだろうから
 一年後にでも安くなった時に購入意欲が残っていれば買います。
 
<ぎんぎつね>
 最近では珍しくバトルものでも萌えでもない本当の意味での日常系作品。
 仲が悪かった相手と親友になったり、舞台である神社でのやりとりで
 実際にも使える知識を得ることが出来たり、一昔前のNHKでやってそうな
 作風に感心しました。もうちょっと長くやって欲しかったです。
 ちなみに我が家は自治会の役回りで近所の神社に関わる一年の任期での仕事を
 引き受けています。私にとっても結構タイムリーなアニメでした。
 

COMMENT 0