正月はこれで過ごした

ニコニコ動画の一挙放送で観た2作品の感想。

<ソードアート・オンライン>
 かなり話題にあがったので最後の方だけ観た作品。
一年後に一挙放送をやってくれたお陰で最初から最後まで全部
観ることが出来ました。オンラインゲームがこんな世界だったら
面白いし怖いだろうなと思いながら壮大な世界観に圧倒されました。
主人公の桐ヶ谷和人(HNキリト)はソードアート・オンライン(SAO)においては
βテストから培ってきたレベルと能力、人との出会いと別れによる
人生経験値をもって黒幕を見破り撃破。アルヴヘイム・オンライン(ALO)でも
本来ならば辿りつけない場所まで到達し、SAOで大事な人となったアスナを
救出することに成功します。SAOではゲームの死がそのまま本当の死に繋がる
メチャクチャな設定の所為で四千人もの人が亡くなり、
パーティを組んだ仲間が全員死んでしまったくだりは泣けました。
ALOでは大半のプレーヤーは普通に遊べていたけど
その裏では須郷伸之という男がとんでもないことをしでかしていて
終盤のゲスっぷりは声優の子安さんの名演技と相俟って
早く死ねと思ったくらいです。全ては丸く収まったように思えましたが
EXと第二期発表でまた新たな難関が待ち受けていそうです。
原作を知らないから話の続きがさっぱり分かりませんが楽しみに待ってます。
戦闘シーンは結構動いて、キリトが二刀流を使い始めたあたりは
見ていて気持ち良かったです。


<天元突破グレンラガン>
私が途中で止まっているスパロボOEにも出ています。
TRIGGERに分離独立される前のガイナックス作品。
ストーリーはスケールがどんどん大きくなって宇宙そのものの存続に
関わってくるほどになります。勢いがあって感動もある話でしたが
ちょっと残念でした。それはカミナが8話で死んでしまうことと
ヨーコが割とどうでも良いポジションになってしまうところです。
主人公たちの成長に仲間の死はつきものですが、その為に死なせるのは
勿体無かったです。成長したシモンとカミナが被る部分があるとか、
ヨーコはニアの登場以来見た目以外は空気。
アニメーションとしては素晴らしい作品ですが、脚本はもうちょっとでした。
後継作品の「キルラキル」はこれからどんな展開をしていくのか。


COMMENT 0