私がズレているだけだろうか

2013年秋アニメ感想つづき。

<BLAZBLUE ALTER MEMORY>
 放送期間中に中古でコンティニュアムシフト(CS)を買って
 ストーリーモードを全て埋めてみたところ、TV版のストーリーと
 全く一緒でした。作品の黒幕であるテルミが何をしでかそうとしているのか
 はっきりと分かるようなストーリーではなく、ゲームストーリーモードでの
 ラグナストーリーがメインで他キャラのメイン部分がスッポリ抜けて
 ライチが帝側についたのも意味不明に見えてました。
 ココノエとテイガーの話もカルルの父親の話とか。
 私が続きが気になるのでゲームの続編はまた中古で買うと思います。

<ワルキューレ・ロマンツェ>
 美少女ゲームをアニメ化しただけあってお色気シーンが
 ふんだんに盛り込まれていました。しかしこの作品の魅力は
 そっちじゃなくて「ジョスト」。鎧を着て馬に乗り、すれ違いざまに槍で突き合う。
 CG処理だけど描写が細かく、馬は専門の監修を起用する気合の入れ方で
 リアルな戦いを表現していました。一番の感動シーンはノエルが負けるシーン。
 家族愛には弱いです。全体的に演出も脚本も素晴らしく、
 秋アニメでの良作のひとつでした。

<フリージングヴァイブレーション>
 一期から2年経っての続編。原作的には繋がっているようです。
 戦闘や入浴シーンなどで光で隠す処理ばかりが目立ち、
 AT-X放送や製品版でどう見えているのか気にはなります(笑)
 NOVAと戦う為のパンドラなのに戦う相手が身内ばかり。
 いざNOVAが表れても大抵のパンドラの手に終えず
 地獄絵図の様相を描くことになり、見ていて痛々しかったです。
 主人公のサテライザー&カズヤのコンビやラナの活躍は
 殆ど見られず、エリザベス先輩の奮闘、神経破壊からの復活や
 シフォン会長の一人舞台で終わってしまい、この展開は
 短い話数のアニメとしては失敗じゃないかと思いました。
 一期の方が面白かったです。

<機巧少女は傷つかない>
 フリージングの前に流していたけど、世界観や組織を理解せずに
 エロネタに「でかい」「みえ」とか年甲斐もなくコメントを打ち込んでいたせいで
 後半は特に何が何だか分からなくなりました。
 そのままだと悔しいのでネットで調べて脳内補完します。
 
<のんのんびより>
 ニコ生のアンケートは1が95%超え、円盤の売上もアッサリ7000枚超え。
 日常系としてはかなりの良作、らしいですが私にとっては駄作でした。
 背景の描き込みが綺麗といっても単なる挿絵だから、たまに動いている
 軽トラは他のアニメと同じCG処理。田舎あるあるは
 ネットでググった程度なのか実生活に即してないし一貫性も無い。
 雪の回なんて田舎住みじゃなくて一般常識レベルでおかしいし。
 あの雪でバスが止まる山村(しかも過疎地)が日本で存在するなら教えてもらいたい。
 なんか田舎で暮らしているというよりも遊びにきた子供の視点のような感じがしました。
 もしどこか実在の村をモデルにして、その生活スタイルを基板としていたら
 私は評価していたでしょう。リアルなツッコミ禁止なら
 東京まで何時間みたいなリアルな情報はツッコミ要素になるから要らないでしょうに。
 そういった「本当の田舎は」みたいなツッコミを無くしてキャラ萌えしようとしても
 上のきょうだいを蔑ろにする家庭や発育異常の小5がレズだったりするのは
 私の中で笑える要素ではありませんでした。

Date: 2014.01.06 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


FC2カウンター
プロフィール

タンバリン

  • Author:タンバリン
  • アニメ鑑賞やTVゲーム
    の感想、自作PC弄りなど
    誤字脱字を面倒で直さずに
    書き連ねる日記です。
    国益を損なう政治家や
    メディアをたまに糾弾します。
Twitter
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ