小さいは正義

ヤフオクで落札したEF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM
恐ろしいほどの早さで到着しました。
クレカ決済方式を取ったとはいえ即日配送なんて
良心的すぎます。もし次があったら
同じところで入札してみようと思います。

140222-01.jpg
あと二ヶ月でデジタル一眼レフ歴4年になるというのに
キットレンズが欲しくなるなんて自分でも驚きです。
小さくて軽いです。

140222-02.jpg
フィルター径は58mmです。プロテクターはどうしましょうか。
一応付けるか。来週キタムラで買ってくることにします。
別売りのフードもついてました。
従来のキットレンズと違って前玉が繰り出される時に
回転しないため、花形のフードが採用されています。

140222-03.jpg
3年半使い古してゴム部分がボロボロの
タムロンB005を並べてみました。
570gと205gでは全然違います。



オークション品が不良品でないことを確認するために
試し撮りしてみました。AFが速い!別にこれは従来のキットレンズから
格段に速くなったということではなくて、
タムロンB005がものすごく遅いジーコレンズのために
相対的に爆速扱いになってしまうのです。
撮影時に気になったのはレンズが軽すぎて
構えが安定しないことと、通しF2.8レンズと比較すると
ファインダーが暗いことでしょうか。
シグマの超広角レンズはもっと暗いから気にしないことにします。

いいサンプルがなかったためにB005との細かい写真比較が出来ませんでしたが
中央一点に限ればB005の方が綺麗。あと色合いはタムロンの方が好き。
しかしSTMは変な片ボケや周辺流れが見られず、全体的によく撮れます。
それでいて小さくて軽くて速い。文句なし。
そして純正レンズは大きなアドバンテージがあります。

140222-04.jpg
例えばこれ。ファンタジスタドールのBDの箱のイラスト。
うずめちゃん(中央の赤い帽子かぶった女の子)の左目に
ピントを合わせて撮影しました。これをDPPで
1280x853の大きさにトリミングしてみました。

140222-05.jpg
そこそこ暗い室内で手持ち撮影したなりに
ピントは来ています。来ていても何となくモヤっとしています。
外で建物などを撮影してみればもっと分かりやすいかと思います。
う~ん、高評価とはいえキットレンズの域は超えないか、と
少し残念に思いました。しかしDPPのデジタルレンズオプティマイザ
に対応していることを知って大逆転。

140222-06.jpg
75%の補正を掛けてみたところ。無理なくシャープネス処理されました。
処理までには10秒くらい掛かるので、RAWデータを1枚1枚なんて
やってられないし、全ての写真をカリッカリにする必要もありません。
RAWデータがあればいつでも補正出来るんだという安心感で十分。


レンズが小さくなったことでELECOMの「ZERO SHOCK」を捨てずに済みました。
車移動の時はZERO SHOCKに入れ、徒歩の時は適当にくるんでショルダーバッグ。
撮影目的が無い外出でも、気軽に持ち歩くことにします。

COMMENT 0