打たれれば負けるのは道理

今日は雨で中止になり、開幕から6試合中2試合も
後回しになってしまいました。もし中止になってなかったら
借金5だったかもしれないので、安心してしまいました。


「野球は投手力」
これがいつにも増して
開幕戦の1回の守りから大量失点した三嶋。7回終了時点で5点差のリードがありながら
どんどんランナーを溜めてしまった新人の平田、そしてそのランナーを
掃除するに飽きたらず、今度は逆に5点差を付けられた山口。
4試合で30失点。ここまで来ると相手チームの問題ではありません。
久保は7回1失点、高橋尚成は三連続被弾は個人的に酷すぎだと思いましたが
序盤から試合を壊さなかったのは悪くありませんでした。

ちなみに打線は打たない時もあれば爆発するときもあるので
タイムリー欠乏症が多少気になる程度で気にしません。
守備はそこそこ問題あり。でも投手ほどではありません。

次は広島戦。番長が試合を作れるのか、
相手投手の篠田が横浜愛を見せてくれるのか(おい)。

COMMENT 0