感想その2

冬アニメの感想その2


<てさぐれ!部活もの アンコール>
 3DCGのキャラが「新しい部活動」について考える
 というか大喜利みたいなことをするだけ。
 これが好評で続編が決まり、今回は2期。
 3DCGの手間は確かにあるけど、手書きのアニメーションとは
 一線を画するのでそこは評価が難しいのですが、
 見ていて単純に面白かった。ニコニコ動画の
 生放送上映会だと「てさぐれ!ラジオもの」が
 連続して始まり、非常に笑えました。下ネタばっかりだけど。
 
 
<とある飛空士への恋歌>
 「とある飛空士」シリーズはこれが初めてですが
 世界観は独特で興味を惹かれました。ただアニメでは
 それを語るには尺が足りなさすぎで結局wikipediaを
 頼る羽目に。それによると原作のストーリーは
 ほぼ全部なぞっているようです。
 空の一族がどんな一族なのか気になっていたのに
 それは明かされないまま。

 イスラの幹部の声が小杉十郎太さんと
 瀧本富士子さんで、「空の果て」というと
 グランディアの世界の果てを思い出します。
 

<Wake UP、Girls!>
 始まる前から監督の山本寛がTwitterで一般人とも
 やり合っていて期待していなかったアイドルアニメ。
 観てみたらやっぱり作画が酷い。誰が誰だか最初分からず、
 新人声優使っているから演技でカバーも出来ません。
 しょっぱなからの展開でくじけそうになりました。
 我慢して見続けていたら段々と愛着が湧くようになり、
 何とか全員覚えました(笑)
 松田はアイマス(アニメ)のプロデューサーと
 比較してしまうので無能っぷりが際立ってしまいますが
 こっちはマネージャーが主な業務だし、中盤以降は
 早坂がやってくるからまあ仕方ない。
 WUGを追いかけているオタク代表格の声が下野君で
 最初から最後まで熱演でした。冬アニメでは
 主人公キャラを含め幾つも出ていた彼ですが、
 このオタクが一番はまり役だったと思います。
 WUGは地方アイドルの祭典で優勝は出来なかったけど
 ビーベックスとかいうレコード会社が契約を打診
 してきたところで終わり。続きは作られるのでしょうか。
 気になるところではあります。

<ゴールデンタイム>
 男女のくっついた離れたは多少変な展開でも
 「感情」が「理性」を上回るものだから「そんなもんか」
 と思えるけれど、多田万里の場合は記憶障害による
 多重人格みたいな現象が物語の都合でオン・オフになるのが
 見ていて非常に辛かったです。オカルト演出は
 却って見ている方が混乱するだけでした。
 また、万里以外の登場人物も感情をぶつける表現が
 荒い口調で怒鳴るだけっていうのもワンパターンで
 ブレずに一貫していたのが2次元君とNANA先輩だけ。
 2次元君は原作にスピンオフがあるようなので
 それだけ買って読んでみたくなりました。
 


<そにアニ>
 ニトロプラスのイメージキャラクターの「すーぱーそに子」の
 タイアップアニメ。ひたすらほんわかしている中でも
 構成と脚本がしっかりしていました。毎回話の流れが違っていて
 ED曲とその背景も毎回変化。ポニーキャニオンが宣伝しているだけの
 音楽性と、3DCGが融合して良質な作品でした。
 電車で作詞のヒント探しの旅に行った回が一番のお気に入り。
 淡々としてうら寂しい演出、これぞ田舎の風景!背景綺麗!
 田舎の名を借りた萌え作品とは一線を画するものがありました。

Date: 2014.04.06 Category: アニメ  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


FC2カウンター
プロフィール

タンバリン

  • Author:タンバリン
  • アニメ鑑賞やTVゲーム
    の感想、自作PC弄りなど
    誤字脱字を面倒で直さずに
    書き連ねる日記です。
    国益を損なう政治家や
    メディアをたまに糾弾します。
Twitter
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ