過渡期

ドコモ、通話完全定額制「カケホーダイ」発表
スマホ月額2700円 通信量シェア「パケあえる」も


私は携帯電話で通話する事が殆どありません。
特に今は家族以外に相手が居ませんから(笑)
とにかく通話料金が高いから極力メールで
済ませてたし、無料通話分がつくようになってからは
無料通話分が最大の翌々月まで持ち越しになっているくらいでした。
昨年にXi契約になって無料通話分が消えてしまい、
G-Call経由で安くしようとしても利用したのは年末に1回のみ。
だからカケホーダイにはあまり魅力を感じません。

通信量シェアは一見お得に感じます。
例えばウチは家族三人で同じプランです。
データ通信が3GB上限のXiパケ・ホーダイライト(4700円)。
もし10GB共有で9500+オプション(500円x2台)円なら
3人で10GBを10500円で共有することになり、
平均して3.3GBで3500円。うん、お得に見えます。

しかし、プランモデルをよく見ると
https://www.nttdocomo.co.jp/charge/new_plan/index.html#share
どうやらカケホーダイ加入が前提になっているようで。
現在、基本料金が2年縛りで743円だからそこからいきなり
基本が2700円にアップしたら丸損です。一人用のプランなら、


現在のプラン:743円通話基本料金2年縛り)+4700円(3GB上限)=5443円(通話料金は別)
                      ↓
新プラン適用:2700円(カケホーダイ2年縛り)+3500円(2GB上限)=6200円(通話し放題)
その差757円

一番安いプランでも3500円。これでは基本料金が上がるだけ。
ここ10年、携帯電話で月に757円も発信通話した記憶がない私にとっては
単なる値上げです。docomoがやりたいのは
「客単価を上げつつデータ通信量を減らすこと」
だったようです。そうなると、通話はdocomoで通信は
自由にMVNO契約した方が得になりそうです。
今のスマホの割賦払いが終わる来年夏には移行するかも?

COMMENT 0