思わぬ発見

ここ一年近く、両親が休日にカラオケに行く事が増えました。
カラオケ番組が増えた影響です。私は学生時代と比較して
行く機会が圧倒的に減ったのと声の衰えを感じて
たまーに歌えばそれでいいや的な感じです。
だから両親に誘われても断っていました。
例外として、姉が帰省した時は家族の団欒として行きますが。
昨日は両親と3人で一緒に出かけた関係で
カラオケに付き合わされました。
両親はDAMよりもJOYを好みます。曲数や設定など、
痒い所に手が届くというのと全国採点みたいなやつで
そこそこ点が出るからだと思います。

私は「JOYだと張り合いないなー」と思いながら
いつものようにアニソンを探してましたが、
「銀河機攻隊マジェスティックプリンス」の挿入歌「ココロ」
「劇場版魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語」
の挿入歌「misterioso」が入っていたのに感動。
どちらもDAMには入っていません。嬉しくって早速歌いました。
後者はあまり上手く歌えませんでしたが大満足です。

最近は新しいアニソンばかり歌ってましたが
珍しく古い歌も歌いました。AIRのEDの「FarewellSong」。
よく歌っていた2001年頃を思い出して懐かしくなりました。
もっと古いのは「ときメモドラマCD」の「神様の常識」。
ときメモ関連の歌は浪人時代にさんざん聴きました。


次にカラオケに行くのはいつになるだろう?

COMMENT 0