懐かしい

mixiのトピックスに上がっていたので元ニュースの時事通信から。
「三角パック」10年ぶり復活=飲料容器、生協商品に採用

テトラパックについての思い出を。
給食の牛乳といえば「テトラパック」でした。
学年が上の方になると、クラスで誰かが飲み終えた空のパックを
息を吹き込んでパンパンに膨らましたのを破裂させていて
皆が真似して流行りました。叩いたり踏み潰したりすると
ストローで吸い取りきれなかった中の牛乳が飛び散ってしまい
あまり良い事ではありませんでしたが、
早い段階で良い方向に発展していきました。
それは「静かに破裂させる」こと。テトラパックを両手の指が
合わさるように持ち、息を吹き込みながら指を内側に押し込むと
綴じ込み部分から破裂します。これを上手いこと調節すると、
中に残っている牛乳が水滴レベルでさえあれば、まず飛び散らずに
綺麗に静かに開きます。袋状に開いた空パックに
複数の空パックの折りたたんだ物を詰め込めばゴミが少なく済みます。
皆が膨らまして破裂させていた訳ではなくて
ハサミで切っていた人が多かったのですが、
膨らまして破裂させる方が綴じ目の部分だけ
袋の高さにマージンが出来るし切った後の紙片も出ません。

そんな子供ながらのテクニックをつい思い出しました。
今度生協で売られる商品ではこのテクニックは使えないと思います。
背が低いし中は銀色の加工がしてありそう。
中を膨らまして指で押し込んだ程度では到底開きそうにありません。
Date: 2014.07.05 Category: 通常日記  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


FC2カウンター
プロフィール

タンバリン

  • Author:タンバリン
  • アニメ鑑賞やTVゲーム
    の感想、自作PC弄りなど
    誤字脱字を面倒で直さずに
    書き連ねる日記です。
    国益を損なう政治家や
    メディアをたまに糾弾します。
Twitter
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ