最後の砦が既に最初から存在していた

CATVが日中に超低速になる現象について。
いくらフレッツ光の工事を控えているとはいえ
どうしても原因を知りたかったので
父に頼んで父の部屋のクローゼットの天井を
少し破壊してもらいました。金ノコで石膏ボードの天井を
少し切り広げ、分配器を引っ張りだしたら大きい箱状の機械も
ついてきました。

140721-01.jpg
既にブースター付いてるじゃん!12年前に教えてもらえば良かった。
黒いケーブルは外に繋がっていて
白いケーブルは分配器に繋がっています。
先日の業者さんが嘘を言っていなければ
この黒いケーブルに直接モデムを繋げば
ネットの速度がフルに発揮されるはず。
それじゃテレビが見られなくなっちゃいますが(笑)

イコライザスイッチや利得調整ツマミを動かせば
電波を増幅出来ます。ただ増やしても飽和するから
本来は受信レベルを細かく確認する必要があります。
ただウチの場合は「電波が弱い」とテレビについても
言われているから少しくらいなら増やしても問題ありません。
torneでアンテナレベルを確認すると許容範囲。
あとはお昼前後にネット速度がある程度維持出来るようになれば
速度低下問題は解決されます。
もしこれでも解決出来ないようならお手上げ。
フレッツ光が開通するまで不便な時間を過ごすだけ。

(追記)
昼間、繋がらない状態よりは改善出来たけど
まだ遅かったので利得調整ツマミを半分の位置まで回したら
70Mbps以上出るようになりました。
母のテレビの受信状態も大丈夫、
私のtorneのアンテナレベル確認でも数値が58~60になった程度。
これで光に切り替えるまでの時間稼ぎは余裕です。
むしろ光の方のプロバイダが規制で遅かったりしたらどうしよう(笑)

COMMENT 0