便利なようで不便

昨日今日とPCをハード、ソフトの両面で弄っていました。

今使っているPCケースは何年も前に人気ケースだった
Antec P180で、中身を替えてもケースはそのまま使っていて
あと1か月で丸8年になります。フロントパネルのファンカバーや
リアのネジ留め部分の金属が壊れた(壊した)以外は
特に問題なく使えています。現在主流のCPU_FANの裏面ネジ留めや
各ケーブルの裏配線は出来ませんがHDDを下段に隔離出来るのが
すごく助かっているのであと2年くらいは使いたいです。
ケース付属のもので唯一交換しているのがケースFAN。
回転速度が手動の3段階切り替えと面倒でしかも2段階目からうるさい。
下段のHDD部屋中央のものは交換が難しいのでそのままですが
天井のものは早い内に普通の3Pinファンと交換してあります。
そろそろ背部の排気も性能の良いファンを取り付けたと考えていて
実際にPCデポの売り場へ何度か行ってます。
でも実物を見たところで回っているのが確認出来るわけでもないし
自分の部屋じゃないと分からない事もあります。
だから購入に踏み切れません。夏場にPSO2でもやらない限りは
低速にしていてもケース内の温度がそれほど上がらないから
後回しにします。


あとマザーボードのBIOSを更新しました。
昨秋に最新バージョンが出ていたのを全く知りませんでした。
ASUSのマザーボードのBIOSは専用ソフトの「AI Suite」で
OS上から簡単に更新出来ます。もちろんBIOSの設定画面からでも
USBメモリ経由で簡単に出来ます。AI Suiteで更新する場合は
BIOS起動中の画面の変更も可能なので画像を用意して変更しました。
唯一の不満点がこの画像に関して。
遣う画像のサイズは1024x768で固定されていて
16:9のモニターでフルスクリーンだと
当然潰れてしまいます。フルスクリーン時にアス比がおかしくならない方法は
最初に1360x768の画像を用意して、それを1024x768にリサイズするというもの。
リサイズ後は縦長になった画像になっても、
それを16:9に引き伸ばすとほぼ元のアス比で見えます。
BIOS画像の選択後、更新前にプレビュー確認が出来るので
失敗することはありませんが、
BIOSのシステム面は色々と進化しているのだから
画像のアス比くらい複数の中から選べるようにしてくれよと思いました。



Date: 2014.07.24 Category: PC全般  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


FC2カウンター
プロフィール

タンバリン

  • Author:タンバリン
  • アニメ鑑賞やTVゲーム
    の感想、自作PC弄りなど
    誤字脱字を面倒で直さずに
    書き連ねる日記です。
    国益を損なう政治家や
    メディアをたまに糾弾します。
Twitter
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ