世界遺産見学

12日(日)の群馬旅行二日目。
眠ってから4時間ちょっとで目が覚めてしまったので
Windowsタブレットを使って前出のブログを更新。
撮影データが入ったSDカードをリーダーに入れて
変換ケーブルでタブレットと接続。
データを取り込んでから「DPP」でJPEG出しして
あとはいつもPCでやっているのと同様にやるだけ。
回線はスマホのLTEテザリング。
Bluetoothキーボードとマウスが暴走しなければ
もうちょっと長く書けたのに。

朝7時過ぎに朝食。出発の準備も早く整いつつも
何故かトッキュウジャーを見てました(笑)
8時過ぎに富岡製糸場へ向けて出発。
ビジネスホテルから距離的に近いのもありましたが、
道路は全く混んでなくてすぐに到着。
141012-a00.jpg
駅の東側にある第四駐車場です。ここは製糸場から1㎞で無料。
300台収容出来るから選ぶならここ。

141012-a02.jpg
人の流れがなくてもあまり迷いません。

141012-a03.jpg
流石に混雑していました。ここから左側にブロック塀沿いに
行列が出来上がっていて、私とバンブーさんより先を歩いていた
keroさんがこの左側を見てから私達の方へ振り返って
「全然大したこと無いから」と言うものだから
沢山並んでいるのが予想出来ました(笑)
この日は8時50分開場になり、既に列は動いていたお陰で
そんなには待たずに済みました。
待っている間、私達のグループの後ろに並んでいた
三世代家族の中のおじいさんが話しかけてきました。
横浜の人だったもので少し会話が弾み、
最終的には大河ドラマと戦国歴史でkeroさんとずっと会話してました。
実は帰りにも見かけましたが娘か嫁にあたる人は
このおじいさんの先行に苛ついているようでした。
会話の端々にも少し見えましたが少々要らん事言うタイプでした(苦笑)

20分くらいで入れました。券販売所の横の看板には
QRコードがあって、スマートフォンなどでアクセスすると
公式サイトの音声ガイドを再生出来ます。
特に順路が決まっていないのでこの音声ガイドの順番で
回ってみようということにしました。
まずは目の前の東繭倉庫へ。
左側(南側)は「花まゆ展」の作品が飾られていました。
撮影禁止。それにしてもよく繭であそこまで
花を作ることが出来るなと驚きました。
 

右側(北側)は製糸場の成り立ちについての資料や
絹糸を実際に紡いでいるコーナー、土産物店など盛りだくさん。

141012-a04.jpg
不満といえば蚕の幼虫を飼育している場所が製糸場になかったこと。
養蚕やっている家に行けってことですか。実は私の叔母の嫁ぎ先が養蚕農家で
小学生の頃は触らせてもらったし、その小学生の頃に横浜市の小学校でも
蚕を育てるというカリキュラムがあったので別段見たかった程ではないのですが。
私の感性だと芋虫はかわいいけどカイコガはちょっと気持ち悪いです。あの触覚が嫌。
でも今なら逆かもしれません。

検査人館や女工館は外観だけなので割愛。


141012-a05.jpg
製糸場で真っ先にイメージするのがこの繰糸場でしょう。

141012-a06.jpg
繰糸機。

141012-a07.jpg
乾燥場はこの前の大雪で半壊してしまいました。

141012-a08.jpg
西繭倉庫へは立ち入り出来ません。
これだけのスペースがあるなら、端の自販機の周辺にもうすこし
ベンチを置いて、観光客が足を休める場所を増やすべきだと思いました。

これだけ見られて500円は安い。
世の中ボッタクリな観光地ばかり。
これくらい良心的だと土産に回せます。
って土産物買ってないけど(おい)
Date: 2014.10.13 Category: 通常日記  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


FC2カウンター
プロフィール

タンバリン

  • Author:タンバリン
  • アニメ鑑賞やTVゲーム
    の感想、自作PC弄りなど
    誤字脱字を面倒で直さずに
    書き連ねる日記です。
    国益を損なう政治家や
    メディアをたまに糾弾します。
Twitter
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ