身体が良くなれば気分も良くなるだろう

平成27年が始まりました。元日の間に更新しようと思っていたら
次の日になってしまいましたが。

大晦日は伯父の家で集まりがありました。祖父の為の顔合わせ
が名目なのに実際は叔母の娘二人の幸せを見せつけられるのは
我が家にとって好ましい状況ではありません。
それでも私は姉と違って細かい事は一切訊かれない立場なので
むしろ気楽にやらせてもらいました。

昨年は健康面の不安が更に増えた年でした。
年始めには右足甲が疲労骨折と思しき症状に陥り現在も少し痛みます。
手足の爪全てが巻き爪になりました。一昨年秋に悪化した皮膚炎の影響で
爪およびその両脇の皮膚が軟化したことが原因と思われます。
腰を痛めて長引きました。今もたまに違和感を覚える時があり、そうなったら
整形外科医に言われた通りにお腹を膨らませる腹筋運動をするようにしています。
腸の調子は低空飛行を続け、秋の旅行前あたりからは排尿の心配事まで増えました。
検尿で潜血と蛋白の反応が出たことで慢性前立腺炎と診断されましたが、
これはネットの情報から判断すると骨盤底筋と腹筋を鍛えれば治りそうです。

しかし良くなかった年ではありませんでした。
4月の終わりと5月の終わり~6月の始めの2回も
東京・横浜遠征が出来ました。前者は父と野球観戦する目的、
後者は東京で暮らす姉が旅行で家を一週間空ける間の留守番として。
前者は風邪をこじらせていた状態だったのに出発の前日に
腰を痛めて動けなくなりそうだったし、後者は姉のマンションの
エントランスの鍵しか持っていかなくて姉の部屋に入れず、
新幹線でトンボ帰りして出直したりしました。
そんなハプニングも今となっては良い思い出です。
合計で一週間以上も都心部に滞在出来たので横浜の友達ともたっぷり遊べたし
東京で観光地を巡って多くの外国人観光客に写真を撮らせてもらえたりしました。
秋にはその友達みんなと隣県の群馬ですが旅行が出来ました。
ロープウェイに乗ったり温泉に入ったり富岡製糸場へ行ったり
めがね橋へ行って廃線を辿ったり。

今年はもっと良い年、でなくても構わないので
自分から健康を呼びこむよう生活面で努力します。
楽しい楽しくないは二の次です。

COMMENT 0