ゴールデン街も見たかった

PlayStation Plusの今月のフリープレイソフトで
そこそこ遊べているのが「龍が如く」のHDリマスター版です。

先月のGOD EATER2はキャラがそそられるものの
操作が私にとっては複雑であまり楽しめませんでした。
ヴァルハラナイツ3Goldは若干洋ゲーな雰囲気で嫌いじゃないけど
最近のゲームにしてはロードが長すぎてテンポが悪く、
ガンガン進めていく気が起きませんでした。

「龍が如く」の一作目の発売は10年近く前になりますが、
当時バイト先でプレイしている人がいて、ゲームの中身だけは話に聞いていました。
セガだったから気にはなっていたのですが、ネットで
「シェンムーとは全然違う」と書かれていたのがどうも引っかかって、
今の今まで全く触れること無く過ごしてきました。
ヤクザの闘争モノって設定も敬遠する理由でした。
それでも今回はタダ(PSプラスの加入でお金は使っているけど)
ということもあって始めてみました。

通行人が本当にただの通行人であることに悲しみを覚えました。
シェンムーなんて一人ひとりが時間に合わせて動いているのに
これはないわーと思いましたが、ゲーム自体は結構楽しんでいます。
楽しい理由の一つが、歌舞伎町を舞台にしていることです。
私みたいな人間には無縁の町ですが、私がわずかながら就職していた
企業の本部がゴールデン街の東にあったから靖国通り沿いは
嫌でも覚えてしまいました。よくよく考えたらこの作品が出たのが2005年、
舞台設定もが1995年。私が働いていたのが2001年だから
けっこう近いです。そして2001年時点で存在していた松屋(作中では別の名前)や
ドン・キホーテ(こっちは完全に宣伝入ってる)は今もあるようです。
しっかし物騒な町ですね。主人公の桐生一馬は少し歩けば敵に襲われます。
実際の歌舞伎町はここまで酷くないというか外を歩く分にはそれほど危険ではないはず。
たとえ暴力団の人間が歩いていたって堂々と敵勢力が襲ってきたら
警察も動かざるを得ないし。というか夜はいつもドンキの向かいあたりに
パトカーが回転灯チャカチャカさせながら停まっていて眩しい。

戦闘は面倒なんで難易度EASYにして適当に殴っています。
素手の喧嘩技以外にも、落ちているもので殴ることが出来ます。
木刀やゴルフクラブ、ドスはわかります。置いてある自転車まではまあ分かります。
ベンチは・・・まあギリギリ、石灯籠・・・持ち上げるのも難しいだろ!
ましてやブンブン振り回すなんて、これなんてダイナマイト刑事?
最後は親友キャラとオリエンタルウェーブビルの屋上で殺し合うんですね(おい)
あの親友は敵になっちゃったっぽいから今後の展開でどう転ぶか
楽しみにしています。
Date: 2015.01.13 Category: ゲーム  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


FC2カウンター
プロフィール

タンバリン

  • Author:タンバリン
  • アニメ鑑賞やTVゲーム
    の感想、自作PC弄りなど
    誤字脱字を面倒で直さずに
    書き連ねる日記です。
    国益を損なう政治家や
    メディアをたまに糾弾します。
Twitter
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ