頭の体操

「逆転裁判5」と「レイトン教授VS逆転裁判」をクリアした後の感想を。


まずは「逆転裁判5」。
「4」があの出来だったので続編が出ないかと思ってましたが
何とか繋がったのは嬉しかったですね。3DSを買う予定が
全くなかったので実際にプレイするのが発売から遅くなりましたが、
クリアしてみて「そこそこ良かった」という感想です。
新キャラの希月心音弁護士が持つ特殊能力で
証言者の感情の矛盾を指摘する新システムは
王泥喜法介の「見抜く」よりもこじつけ度が高くて
「証拠にならないじゃん!」と思いました。
ココネと母親、そして夕神の一件は「3」の真宵と母親の舞子とゴドーを
劣化させたようなエピソードに思えて感動が薄かった。
「GYAXA」は当時JAXAが騒がれていたから舞台にしたんでしょうが、
私はロースクールの話の方が好きでした。
「5」のテーマは「法の暗黒時代からの脱却」なのだから。
良かった所はオドロキくんが頑張った事。
ゲーム内のキャラとはいえ、「4」の不評を一手に引き受けたようで
段々気の毒に思えていたので。次回作があるなら
是非とも登場して今作みたいに活躍して欲しいです。

次に「レイトン教授VS逆転裁判」。
これは「5」の8ヶ月前に発売された、レベルファイブとのコラボ作品。
人気シリーズの「レイトン教授」シリーズは全くプレイした事が無かった私でも
すんなり入れた良作です。ただ成歩堂の声だけは最後まで慣れなかった。
逆転裁判で言う証拠品集めパートで町を色々と移動して、
その時に町の人に「ナゾ」を出されたり、
仕掛けが「ナゾ」だったりします。そこでナゾを解いて先に進めるようになります。
一部を除いて難易度は低く設定されているようで、
私でも9割はヒント無しで解けました。
逆にヒントが役に立ったのが裁判パート。これは逆転裁判シリーズ全般に
言えることですが、何を求められているかが分かりづらい事があります。
何が矛盾点なのか分かっていてもそれを指摘するタイミングが違えば
当然ダメです。今にしてみればヒントをどんどん使っていけば良かったです。

ストーリーは突っ込みどころ満載ながらも個人的には大満足。
箱庭ネタは成歩堂の髪型のせいかザ・ビッグオーをすぐに思い出しました(笑)
VSは次回作を出して欲しいです。
Date: 2015.02.01 Category: ゲーム  Comments (2) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:

バンブー

Date2015.02.01 (日) 19:04:00

もう2本とも終わらせてしまったのかよ!
1週間しか経っていないじゃないか。
折角手に入れたのだからもっとゆ~~~っくり進めないと。
そうすれば次回作が出るまでもつかもよ。

タンバリン

Date2015.02.01 (日) 21:09:08

またPS3の龍が如くに戻るので…
その後でVitaTVでイノセンスRやるつもり。
3DSは持ち歩くだけ。

管理人のみ通知 :

トラックバック:


FC2カウンター
プロフィール

タンバリン

  • Author:タンバリン
  • アニメ鑑賞やTVゲーム
    の感想、自作PC弄りなど
    誤字脱字を面倒で直さずに
    書き連ねる日記です。
    国益を損なう政治家や
    メディアをたまに糾弾します。
Twitter
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ