スライドタイプの宿命かも

私の買い物は終わりましたが、父の為に
小さなコンデジを中古で買ってみました。少し前に父が
「一眼レフは持っていかないからコンデジを貸してくれ」
と言うものだから小さくて簡単なコンデジを探していたら
↓の機種が目に入り、中古だったけどポチりました。

150323-02.jpg
PanasonicのDMC-FP1です。


150323-01.jpg
スライドレンズカバーで即座にシャッター、の筈だったんですが
動作確認中にスライドを認識しなくなりました。
厳密に言うと常にレンズカバーが下がった状態で
認識されてしまっています。
電源ボタン長押しですぐに起動しますが、
ボタンが小さいからどうなのでしょう。
新品ならともかく、中古でこの程度だと返品は受け付けてくれないでしょうね。
私が以前使っていたSONYのDSC-T100もスライドタイプでしたが
ここの認識がおかしくなってから動作しなくなりました。
同じようにならない事を祈ります。

150323-03.jpg
5年前の機種だけあってタッチパネル非搭載で
非常に分かりやすいボタンの集まりです。
普段ボタンのアイコンが見えていた方が視覚的に
覚えやすいと思います。

150323-04.jpg
バッテリーを抜き出さなくても充電出来るのも
普通のコンデジって感じです。

150323-05.jpg
CanonのPowerShot SX130ISとの大きさ比較。
ちっちゃいことは良い事だ。勿論ちゃんと使えればの話ですが。
既にスライドカバーが半分使えてないという…
現地で完全に壊れて撮れなかったとかなると笑えないので、
今度の東京行きに持って行って一眼レフで撮影しつつ
100ショットくらいは試し撮りをしてみます。
ダメなら父には大きさを諦めてもらってSX130ISを使ってもらうことにします。
SX130ISは乾電池タイプだから低価格帯のコンデジとしては
大きくて重たい部類に入りますがパフォーマンスは良いです。
私のリュックキャリーに突っ込んでおけばいいか。

COMMENT 0