打っただけじゃなくて守りも出来た試合

2試合目
DeNA10-2巨人(勝:山口)
HR:ロペス1号(2ラン)、筒香2号(ソロ)
1勝1敗

昨年の交流戦から先発に転向した山口俊の今シーズン初登板。
初回に味方の先制点のお陰か、微妙な立ち上がりながらも
無失点に抑えていました。打線はそれからも爆発して
6回まで9得点。しかしその裏に急に崩れてしまい、
村田までも歩かせ、次の由伸に押し出し四球までやらかしました。
去年の山口を知っている人は去年の4月2日、
5点リードから中継ぎで出てきて5点ビハインドに変えた
あの試合を思い出したことでしょう。
でも今年の山口は踏ん張りました。次の亀井をファーストゴロに打ちとって
2点目を献上させつつ2アウト目を取り、次の代打セペダを三振に仕留め、
7、8回の裏はともに三者凡退。終わってみれば8回119球2四球2失点。
QSは上手く行けばあると思ったけどHQSまで達成するとは思ってなかったので
この結果は素直に嬉しかったです。

打線は梶谷と筒香が連動していることが何よりでした。
梶谷は昨日の試合から6打席連続安打と絶好調、
筒香は連日のホームラン。最終回、西村から打ったのは
東京ドームのヘーベルハウスの看板を直撃する140m弾。
スカッとしました。

9回に登板したルーキーの山崎康晃は技術面はよく分かりませんが
去年の三上みたいになってくれたら助かります。

とりあえず3タテ回避。
Date: 2015.03.28 Category: 横浜DeNAベイスターズ  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


FC2カウンター
プロフィール

タンバリン

  • Author:タンバリン
  • アニメ鑑賞やTVゲーム
    の感想、自作PC弄りなど
    誤字脱字を面倒で直さずに
    書き連ねる日記です。
    国益を損なう政治家や
    メディアをたまに糾弾します。
Twitter
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ