少しでも生存率を上げるしかない

時々ある痛ましい事故です。
自転車転倒、小2女児ゴミ収集車にはねられ死亡

町名をグーグルマップで検索して、ピンクで囲まれた中の
県道部分をストリートビューで見てみました。
現場は路側帯すらほぼ無いようなレベルの片側一車線道路でした。
右側を走っていて転倒して轢かれたとあるので
公園側の車線を逆走していたことになります。
ゴミ収集車が悪いのは逮捕容疑で明らかですが、
こんな道を逆走させるのは良くないと思います。
このゴミ収集車みたいなのに轢かれる可能性が高まるから。
対面ってのは相対速度が上がって死亡率が上がります。
あと、何か邪魔そうなものが見えたらブレーキで止まることを
親や学校などは教えないといけません。
歩道をいかに減速しないで人を避けるか(避けさせるか)ゲームの
状態になっている自転車を長野市ではしょっちゅう見かけます。
何で減速しないの?そんなにスピード出したいなら
車道の左側を走ればいいのに。場合によっては降りて押して歩くことも
選択肢に入れましょう。

車を運転する側は確実に距離を取ること。車は車で止まりたくないから
スレスレで追い抜こうとしますが轢く事を考えたらちょっとは我慢しないと。
現場の道路は中央線が黄色い線ですがはみ出し禁止の標識はありませんでした。
対向車が来てなければ中央を越えて自転車その他を避けても全く問題はありません。
ゴミ収集車に関しては、うちの近所を回っている車の動きを見ていると
狭い路地でもスピードが出ていて怖いです。
シートベルト着用の免除規定はあっても安全運転義務までは
免除されていないのだからもっと気をつけて欲しいです。

COMMENT 0