現地でお金を使わなくて済む

初めて「えきねっと」で新幹線の乗車券を購入しました。
予約に使ったクレジットカードを持って長野駅へ。
最寄り駅でも窓口で発券してもらえるんですけどね。
でもそれだと「○月○日の新幹線の乗車券をお願いします」
って言うのと変わりません。長野駅には自転車で行ったから
別に交通費はかかっていません。

JR長野駅の券売機は8台くらいあって一番左がクレジットカード専用機、
あとは何でもオーケーのタイプ。
券売機の画面の操作方法が分からなければ背後の駅員に訊けば
大丈夫だろうと安心して券売機を見ると初期画面に
「えきねっと予約の受け取り」みたいなボタンがあって、
それを押すとクレジットカードを入れるように案内が出ました。
クレジットカードを入れると予約一覧が出てきます。
なんだ、クレジットカードがあれば予約番号要らないのか。
発券する乗車券を選択して確定。カードを入れた時か
乗車券選択後か忘れましたが暗証番号が必要です。
この為に先々週にカード会社に暗証番号を郵送してもらいました。
カードを作ってから暗証番号なんて一度も使ったことが
なかったので覚えてませんでした。番号自体は一度確認すれば
もう忘れません。私の生年月日や車のナンバーとか
そういったものとは関連性の無い四桁の番号です。

新幹線に乗る区間は大宮から長野まで。そして自由席。
出来れば横浜から大宮まで少しは座れるように頑張ります。
新幹線は席取りとかめんどいからよほどスカスカでない限りは
ずっと立っていきます。「かがやき」は全席指定だから乗れないのか。

問題は、一般乗車券をどうするかです。関内から最寄り駅までの切符も
既に予約してありますが、そこは姉と話してからでも遅くありません。
出来ればさっさと帰りたいですけど。

COMMENT 0