完動品です

レンズが出ない屈曲光学系コンデジは
やはり使い勝手がいいです。
父に貸し出している間に自分が使えないのは痛いので、
後継機をヤフオクで落札しました。

150401-01.jpg
PanasonicのDMC-FP7です。

150401-02.jpg
DMC-FP1と並べてみました。
写真だとどっちもザラザラに見えますが、FP7は光沢仕様です。
そして若干横に長い。

150401-03.jpg
背面。これが大きな違いです。FP7はタッチパネルなので
液晶画面が大きいのです。私は体感的にわかりやすかったですが
父は操作を面倒臭がるかもしれません。

機能面の違いは光学ズームが4倍から9倍に、
画素数が1200万から1600万に上がっていること、
フォーカスポイントが9から11に増えなおかつ
タッチフォーカスが出来ること、内蔵メモリ容量が
増えたことなどの性能アップ。しかしアップばかりでなく
ダウンもあります。動画撮影時のフレームレートが低くなったり
連写速度が落ちたりしている模様。
あとバッテリーの保ちも。FP1で使われているバッテリーよりも
容量が少ないです。それに加えて大きな液晶画面だから
バッテリー切れを思っている以上に早く起こしそうです。
グァム旅行までに互換バッテリーを買う必要があります。

金土に東京横浜で試し撮りをしたいですが
一眼レフがメインだからコンデジはあまり使わなさそうですが
胸ポケットに入れておくかミニポーチに入れて腰ベルトに
通すとかしておけば使いやすいと思います。
ちなみにレンズシャッターで電源オンオフはちゃんと出来ました。

COMMENT 0