余計な荷物

来週半ばからいよいよ両親と3人でグァム旅行です。

いくら一番簡単な海外旅行先とはいえ出入国の手続きはあるし
言葉や制度の壁はあります。細かく予定を決めている訳でもないので
現地で多少困りながら過ごしていこうと思います(汗)
keroさんから借りた英会話の本に加え、ちょっとコスパ低いけど
グァム用の英会話本(用途と絵で指差しながらしゃべるやつ)があるから
後はホテルや旅行会社にカード会社など最低限の連絡先電話番号を
一括で把握しておけばある程度のトラブルには対処出来ると思います。
一般的な電話番号はガイド本にもあるし恐らくは大丈夫でしょう。

一番気にしているのは預け入れ荷物と機内持込みの荷物。
リスクを考えたらキャリーケースには貴重品を入れられません。
持ち込みするカメラリュックにカメラと電子機器関連を詰め込んだら
上の気室も余裕がほとんどなく、重量も背負った状態で体重計に乗って
体重分だけ引くと9.5kgを超えていて制限の10kgに迫っています。
少しでも軽くするためにケーブル類の一部はリスク覚悟で
キャリーケースに入れるしかありません。カメラと違って
ケーブル類とか充電器は盗む価値が低いものですが、
無いと現地でろくに撮影出来ないという事になってしまうので
各1セットだけはカメラリュックに入れておくしかありません。
せめてカメラは1つにすべきか。よくよく考えてみれば
カメラ二台を首と肩に提げて撮りまくるシチュエーションが
思い浮かびません。ということでkissF(バッテリー含む)を
持っていかないことにしました。これで500g軽くなり、
カメラ本体分のスペースが生まれました。そこに上気室の
充電器関連を突っ込むと、上気室がスカスカになりました。
重さも9kg。追加しなければ大丈夫。


圧縮袋を買い足して自分用のハンドタオルくらい入れていくべきか。
いや、キャリーケース側にビーチサンダルを詰め込む方が先か。
海で泳ぎはしませんが足くらいは入れるかもしれないし。

COMMENT 0