人は簡単には変われない

4月11日の試合

14試合目
DeNA8-6中日(勝:山口、S:山崎康)
 HR:ロペス4号(2ラン)、5号(ソロ)黒羽根1号(ソロ)
9勝5敗

先発の山口は良くも無いけど別段悪い程ではありませんでした。
打線が2回に爆発し、4回も黒羽根がナゴヤドームでまさかのホームラン。
6回にも押せ押せだったところで中日の伊藤がバルディリスに危険球。
抜けたカーブを避けようとして身を捩ってヘルメットがズレたところに
運悪く当たってしまいました。審判が最初は危険球判定しなかったから
バルディリスが倒れて人が集まっている横で伊藤がキャッチボールを
してしまい、観客がヒートアップ。やるなら端っこに行ってやって欲しかった。
これで横浜の士気が上がったのなら良かったのですが
前回の登板で危険球退場している山口が一番ダメージを受けました。
6回裏の投球は去年の今頃のどすこい。ワンアウトも取れずに降板。
後を託された田中健二朗が山口のランナーを返す程度で抑えてくれたので
6点差が1点差になりながらもリードを保てました。
そして7回裏には今季初登板の長田。いきなりナニータにヒットを打たれても
次のエルナンデスを併殺に打ち取り結果的に3人で攻撃を終わらせました。
8回表はロペスのソロアーチ。ランナー二人を出しながら無失点で繋いだ林。
そして山崎康。連投、この日の苦しい展開からの2点差試合。
最後に高打率の外国人が続くという場面でも落ち着いて攻め、3凡。
一応再び単独首位。

山口はメンタル強くなったかと思ったら
あまり変わっていませんでした。


バルディリスはCTとMRI検査の両方を終えて
打撲という診察結果が出たようです。それでも
一度登録抹消してしばらく治療に専念させるべきです。
仮にそれで戻ってきてから全然打てなくなったとしても
もう仕方のない事です。去年日ハムの大谷に食らった
牽制球の事もあるし、あまり無理してほしくないです。

COMMENT 0