小さなパワーアップ

旅行中、父のEOS kiss X4を借りることにしました。
私にとってのメリットはライブビュー撮影で
シャッターボタンによるAFが出来るようになった事くらいだと
思っていたら結構使える違いがあることを知りました。

X4とX3の比較

1、SDXCカードが使える
 手元に32GBのmicroSDXCカードが1枚あるんですが、
 アダプターを使って挿入してみたら撮影可能枚数が
 1118枚(RAWのみ)でした。静止画だけだったらこれだけで十分でしょう。
 大量に撮らなければ容量の半分を動画に回しても
 余るんじゃないかというくらいです。少なくとも他のSDカードと合わせて
 足りなくなることはないでしょう。

2、動画のフレームレートが上がった
 フルHDで撮影すると、X3だと20fpsだったのが
 29.97fpsに上がりました。HD以下なら全て59.94fpsで撮影可能。
 ヌルヌルです。この仕様変更で動画の容量も増えましたが
 1で書いたようにSDXCカードが使えることにより
 余裕が出来ました。

デメリットもあります。連続撮影可能枚数です。
唯一の悪い点といえるでしょう。でも私は殆どが風景撮りなので
連写をしません。一枚撮ってアングル変えてまたシャッター押して
といった感じなので、RAW保存でもすぐにバッファに余裕が出来ます。
先週の年に一度?の野球観戦時の撮影も、連写じゃなくて一球毎の
一発撮りです。kissの連写速度じゃプロスポーツの動きに追いつけません。
だからこのデメリットは私にとってそれほどでも~といったところです。

分割測光が35から63に増えている点については、
「X3と違って適正露出だ」と思えるサンプルが無い時点で
大したことなさそうです。

一番の問題は、父がその辺に放置したような状態で
5年間使ってきたことくらいです。カビ生えてないだろうね…

COMMENT 0