ひたすら帰るだけ

グァム旅行5日目(4月19日)前半

4日目と5日目の朝食はビュッフェスの店を
選択したんですが、思っていた以上に種類があって
好きなものを沢山食べられました。
和食の店より断然こっち。ネットの口コミだと
どっちもどっちみたいだったけど全然違う…
朝食を食べ終えて一つ上の階で降りると
毎朝行われているヨガ(前日までに申し込みで参加出来る
無料プログラム)が終わった後で、ヨガのお姉さん?の
写真を撮らせてもらいました。こういう時だけ図々しい私です。
もし一生の間に次の宿泊があったら、こういうものに
参加するのも良さそうです。体が堅くて無理かな?

午後の集合時間よりけっこう前に
チェックアウトを済ませなければいけないけど
それでもウチは遅い時間帯なので
午前中は一人で再びイパオビーチパークへ。
荷物を預けられる場所があったら
泳ぎたかったくらいでした。

ホテルに戻り、荷物を纏めて一息二息ついたら
いよいよチェックアウト。
150419-01.jpg
これは超広角レンズでの撮影なので
余計に広がって見えるものの
ベッドは普通に大きくて快適でした。
4泊分ありがとう。

大きい荷物はロビーで航空会社ごとに
纏めて預かってました。私と母もキャリーケースを
預けてからマイクロネシアモールへ。
特にお腹も空いてなかったし買う物もなかったせいで
ただ行って帰るだけで終わってしまいましたが
地元民が溢れる大型ショッピングモールで締めるのは
悪くありませんでした。

集合時間になっていつの間にか名前を呼ばれていて
他の大勢はバスなのにウチだけ1台の車で空港へ。
運転手が客の荷物も持つのは効率が悪すぎて好きになれません。
せっかちな私にはこのプランは無駄な気がしました。
大きいだけで良い車でもなんでもないからバスでも大差ないし。
空港に着くと1日目の運転手の人が
待っていて、ビジネスクラス用の受付を案内して終わり。
紙で構内図に示してくれれば良いレベルの案内ってどうなの?
チップは感謝の印だからチップなんて出しませんでしたよ、ええ。
 


受付はパスポートだけで搭乗券が発行されるから便利。
預け入れ荷物の計測を終えた荷物を「一旦下ろして下さい」
と言われて下ろしたら後ろから来た職員が何も言わずに持っていくし。
で、自分の2つ目の預け入れ荷物を自分の手で持って行って
これはどこに預けるのか迷っていると、ベルトパーティションの向こう側に
私と母のケースを見かけたので赤ベルトの外側から放り投げておきました。
ピッタリくっつける綺麗な着地でした。

二階に上がると出国審査の長蛇の列。
ホテル出発からまごついていたせいで
どんどん遅れてしまいました。グアム空港にも
ビジネスクラス用のラウンジがあるというのに
時間がどんどん無くなっていきます。
掌の謎の検査を終えて並んでいると
新たに1ゲートが開いて列の先頭にさせられました。
「ゲンキデスカ?」と訊かれて「ハイ」と返事。そのまま通過。
え?いいの?次に荷物検査。腰につけてたコンデジや
スマホをバッグの中に入れろと言われて入れて通過。
私の荷物は重いのでローラーの所で止まっていたら
次の順番の人が私のバッグを引き出してくれました。
ありがとうございます、慣れてる人は違うなあ。

そしてそこからラウンジを探して彷徨いました。
時間があまりない、もうWi-Fiルーターはオフにしちゃったし
どうしようと思ってふと搭乗券の裏を見ると道順が書いてある!
受付時にラウンジについて言及したならこれも言ってくれ!
急いでラウンジに行き、元を取るべくビュッフェスタイルの
食べ物を一気に食べました。主に豚の角煮を。あと赤ワイン。
ゆっくりとはいかなかったけど結構食べられました。

150419-02.jpg
優先搭乗時刻の5分前くらいに行って、
ビジネスクラスの優先搭乗が始まったら
列に並んでとっとと搭乗。今度は母が窓側です。

帰宅まで一気に書きます。出発はスムーズでした。機体が安定しだしたら
また飲み物の案内が始まり、行きと同じく白ワインを注文。
機内食もごっそり出て困りました。食事中は赤ワインを注文。
パンとメインだけ食べるのが精一杯。
フライトは順調すぎて予定時刻より20分近く早く到着。
飛行機を降りてから帰国審査の場所までは
かなりの距離を歩きました。検疫も書類だけであっさり通過。
係官が何も言わないからボケっと突っ立っていた私の立場は
何だったんでしょう。下の階では預け入れ荷物の受け取り。
JALの場所を探し、コンベアの上の母の荷物を発見。
次に私の荷物2つをそれぞれ別に発見。
荷物に貼られた番号と搭乗券に貼られた控えを照合して
全く問題なし。ゲートから出るとそこは成田空港の到着ロビー。
中央口へ向かう途中でWi-Fiルーターを返却し、
近くのトイレで厚着をして戻ってきたら母のスマホに着信あり。
タクシー会社か?と思っているとまた掛かって来たので
私が出るとやはりタクシー会社。結構駆け足のタイミングだったのに
ずいぶん急かすな、と思いながらも集合場所へ。
既に2組に先客が乗っていて、3組目となって成田を出発。
1組というか1人目は別の県の人で途中のSAで乗り換えるとか。
へーそうなんだと思っていたらウチもそれになりました。
2組目の人は別の市の外れの人で、どう考えても寄り道で
どうにかなるレベルではありませんでした。でもそういうことは
分かりきっていたのだから最初から言うべきで、
何故不測の事態のごとく言われなきゃいけないのかと思うと
腹が立ってきて、乗り換え指定場所の料金所に着いたら
私はすぐに降りて勝手にハッチバックを開けて荷物を取り出して
次の車に放り込みました。そして次の車の運転手に
「何で最初に言わないの?」
「これで同じ料金なの?」と延々文句言ってました。
行きは本当に近所だけだったのに。
自分一人で成田空港へ行くなら長野駅までの交通手段を
どうにか出来ればあとは高速バスと電車で成田を目指した方が
安いし自分のペースで動けるしでいいです。
もし仮に父が今後海外に行かれたとして成田まで同じ手段で行くならば、
予約の時点でどこで乗り換えさせるのか話を詰めてからにします。


最後にケチがついたけど、旅行自体は行って良かったです。
次があるならバス電車で空港まで、飛行機もエコノミーで構わないので
自分一人で行きたいです。カメラも1回撮っちゃったので
便利ズームだけで十分。
Date: 2015.04.25 Category: 通常日記  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


FC2カウンター
プロフィール

タンバリン

  • Author:タンバリン
  • アニメ鑑賞やTVゲーム
    の感想、自作PC弄りなど
    誤字脱字を面倒で直さずに
    書き連ねる日記です。
    国益を損なう政治家や
    メディアをたまに糾弾します。
Twitter
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ