借金11と貯金2の違い

4月29日の試合(27試合目)
DeNA2-9広島(負:高橋)
14勝13敗
マエケン相手だし勝ちに期待はしていませんでしたが
ヒサノリはもうちょっと投げてくれると思いました。
結果は初回5失点。2回にも失点して先日の高崎未満の投球内容でした。
自責点2といっても自分でエラーしているから
防御率9.00じゃなくて27.00にして欲しいくらいです。
残念だったのはもうひとつ。国吉と林の失点。
ヒサノリの後に投げた安部のロングリリーフは
首の皮が繋がった感がありましたが、
国吉、林と続けて打たれたことで勝ちパターンに
使われたら怖い印象を受けました。
長田は元から好調不調というよりも
博打みたいな要素が強いから大きな希望も絶望もしません(笑)



4月30日の試合(28試合目)
DeNA1-0広島(勝:三嶋、S:山崎康)
 HR:梶谷1号(ソロ)
15勝13敗

広島の先発は野村祐輔。三嶋とは紺野あさ美に関する
因縁がある相手です。野村は一方的な被害者だけど。
そのせいか、二人共防御率がそれぞれ1点近く下がるような
力の入ったピッチングでした。三嶋が野村を三振させれば
小さくガッツポーズ、野村が三嶋を三振させると咆哮。
もちろん他の捕手や野手も連打を許さず、
乱打戦の予想を大きく裏切った投手戦となりました。
梶谷の一発が無かったらどうなっていたか。
最終回を託された山崎は天谷にヒットを許し、ボークで進塁させて
ヒヤヒヤものでしたが4凡で終わらせてくれました。

これで4月終了時に勝ち越すことが出来ました。
3・4月を勝ち越せたのは2007年以来だそうです。
去年の成績ですが、3・4月が7勝18敗、
15勝到達が5月16日、20勝到達が5月31日。
5月28日に30敗到達。今年はこの結果を上回って
当然なお膳立てが出来ているのだから
大連敗しないように頑張って欲しいです。

COMMENT 0