予想出来ないアクシデントだった

5月22日(46試合目)
DeNA6x-5阪神(勝:山崎康) 
 HR:筒香11号(3ラン)
 28勝18敗
山口がいきなり5失点。投球内容も悪ければ
フィールディングも悪すぎ。結局3回でマウンドを降りました。
5回の裏、黒羽根のヒットから始まって下園のタイムリーの後、
筒香の3試合連続ホームランとなる第11号3ランが飛び出して
1点差に詰め寄ると、7回裏には井手の同点タイムリー2ベース。
9回表を山崎康で無失点に抑えて同点のまま迎えた9回の裏は
7回の裏とまったく同じ運びになりました。黒羽根ヒット、
石川バント、関根はショートゴロ、井手がサヨナラタイムリー!
5点差をひっくり返して山崎康が初勝利。

5月23日(47試合目)
DeNA2-4阪神(負:安部)
 28勝19敗
井納は初回に失点したものの立て直して
なんと8回1失点。135球の力投でした。
最近投げすぎだけど山口みたいにポンコツ化しないで
ほしいです。同点で迎えた延長10回の表、
安部があまりに酷すぎました。ストライクが入れられず、
大和や荒木のような打率.167の打者相手にも
四球を出し、次の福留に投げた甘い球を痛打されて
2点勝ち越しをされ、裏は福原にシャットアウトされました。
思えば9回の失点内容も酷かった。
荒木の盗塁を刺そうとして高城がワンバン送球して
それを捕れずに後ろに逸らしたショート飛雄馬、
それを想定せずにセカンド側への駆け込みが遅れたセンター荒波。
荒波がワンバン中継してそれを飛雄馬が捕れなかったプレーもありました。
この日の井納の頑張りが無になりました。

5月24日(48試合目)
DeNA8-6阪神(勝:須田、S:国吉)
 29勝19敗
須田もいきなりの3失点。エラー絡みとはいえ
連打されたことに代わりはありません。
これで6連戦中5試合初回失点。
三浦以外全員です。立ち上がりにコケる事が少ない
このピッチングコーチに学んで欲しい。
初回に筒香がゲッツー崩れだった際、
いつぞやの村田修一のように足を痛めて退場。
せっかく梶谷の復帰戦だったというのに暗雲が立ち込めてきました。
今まで梶谷の代わりに井手と左右判断で3番に居た下園が
代走からの3回のタイムリーツーベースで
穴を少し埋めてくれました。阪神先発の岩貞と
ベイ→オリ→阪神の桑原謙太朗が酷かったおかげで
逆転できました。そういやこの春まで
私の軽自動車のハッチバックに敷いていた新聞紙は
クワケンが阪神相手に初完投初完封したスポーツ欄だったんですよね。
どうしてここまでだった・・・捨てる前にスキャンしておけば良かったか。
須田は7回の被弾が余計でしたが、100球手前で
交代させた方がいい事が分かりました。今季初登板の試合で
6回81球だったのに降板したのが解せなかったのですが
なるほど現場はよく分かっていたということか。
問題は最終回。8-5のセーブ機会で山崎康が登場。
そうしたら初球のツーシームが引っかかって
上本の頭に当たってしまいました。
まさかまさかの危険球退場。上本には悪いことをしました。
そうしたら和田監督が走ってきて捕手の嶺井に怒鳴りつけ、
中畑監督も飛んできて乱闘になりました。上本そっちのけで。
山崎康は当然危険球退場になり、次の田中健二朗は
疲れもあった上でのこの状況。アウト一つ取るのがやっとで
2人にフォアボールを出して満塁にさせて降板。
次の国吉も似たような感じでした。こういう場面で怖い鳥谷に
押し出し四球でまーたニコ生で「国与四」とかコメントが出てきて
次の大和。ゾーンの内角やや高めの2球目を捉えられ、
打球がサード頭上を越えたと思ったらサードの守備に入っていた
白崎がジャンピングキャッチ!
これには私もニコ生観ながら大声出してしまいました。
カメラがベンチの須田の顔を何度も抜くんですが、
勝投手の権利が残っている須田は勿論、隣の三嶋が喜んでいたのが
印象的でした。これに国吉も落ち着いたのか次のマートンには
外の速球でファールを誘い、低め一杯のストレートで追い込み、
最後は落ちる球で三振!押し出しの1点にとどめてくれました。

ヒーローインタビューは復帰戦猛打賞4出塁1盗塁の梶谷と
逆転打の井手でしたが危険球の後だったので非常に大人しい
寂しいものとなりました。監督の短いインタビューでも
山崎康の危険球についてのみ。すっぽ抜けだろうが引っかかりだろうが
意図してなかろうが山口、久保に続いて3人目。まだ5月下旬で
100試合近く残っています。課題というかどうしたものか。

首位で交流戦を迎えます。筒香の状態は25日の時点では
よく分かりません。最悪の状況も考えなくてはいけないし、
投手陣の立て直しもしないといけません。田中と小杉を下に落として
林と大原が上がってきます。これで左も揃いました。
右は東野がどうなるか全然分かりません。
五割でいけたら儲けものですが去年以外は近年大幅に
負け越しているから負け越しなんてあまり気になりません。

COMMENT 0