勝ち☆無し

埼玉西武ライオンズとの三連戦。

6月5日(58試合目)
DeNA3-3埼玉西武(5回雨天コールド引き分け)
 HR:ロペス9号(2ラン)
32勝25敗1分
 土砂降りの中を強行した試合でした。山口はすっぽ抜けを恐れて
 甘い球を中村にスタンドまで持って行かれ、2アウトを取ったところで
 中断。こんなんなら最初からやるなよ、って思いました。
 土入れしてゲームを再開しても雨は殆ど弱まらず。
 西武の先発牧田も悪条件なのは大体一緒、その時の雨の強さが違いくらい。
 ロペスがタイムリーやら2ランやらで同点に追いつき、試合が5回を終わったところで
 三度目の中断になりました。試合が成立した直後にコールドゲーム宣告するのは
 さすがに方方への問題があるのか、普通に20分待ってからの宣告でした。
 中畑は終始うなだれていたり審判に確認取ったり。西武サイドからは
 遅延行為にみられたようですが、横浜はロッテ戦でやらかしているし
 モスコーソは雨の試合の怪我が原因で離脱していたんだから
 ナーバスにもなります。まあどっちも損しない終わり方で助かりました。ここまでは。

6月6日(59試合目)
DeNA1-5(負:井納)
 HR:ロペス10号(ソロ)
 32勝26敗1分
 井納がけっこう酷かった。酷かったけど失点はソロ3本の3点で
 6回まで投げてQSは達成。西武の打線は力で持っていくから
 QSでも上出来に思えてきます。打つ方は全然。
 菊池君を打ち崩せず、石川は2度もぶつけられ、
 ロペスのソロ以外はコテンパンにやられました。
 菊池雄星投手はプロ入り前から応援していたし
 デブ久保の件は本当に気の毒だったので今年は
 良い結果が出るといいなとは思っていたけど横浜相手にやらんでも・・・
 どっちみち左の速球派は打てません。

6月7日(60試合目)
DeNA3-9(負:三嶋)
 HR:ロペス11号(ソロ)
 32勝27敗1分
 三嶋はいいところ無し。先発崩壊が止まりません。
 いつも以上に制球が悪くて4回105球6失点で降板。
 長田は古巣相手に失点でお返し、後藤も古巣相手に凡退でお返し。
 長田のトレード相手だった渡辺直人はこの3試合でエラーしたり
 併殺打かましたり少し優しかったけどチームの勝敗に影響無いレベルの失敗。
 
 平田が以前の安部ポジに収まりつつあります。本当は
 良い時の国吉小杉レベルで安定して欲しいです。
 とにかく制球ですね。こればっかりは技術とメンタルの問題だから
 簡単にどうにかなるものではありませんが。
 タナケンの復帰後の投球はいい感じ。山崎康の危険球の試合以来でしたが
 今後も役に立ってもらいます。

この3連戦はとうとう1勝も出来なかったのでトータル6勝12敗が
怪しくなってきました。先発崩壊と打線の繋がりが切れたのが痛い。
楽天戦から筒香がDHかレフトか分かりませんがスタメン復帰するらしいので
石川、2番打者誰か、梶谷、筒香、ロペスの1~5番が上手く機能してくれれば
無抵抗試合ではなくなります。そこから先は分かりません(汗)
満身創痍のバルさんを休養させられる代わりの選手が欲しいな~。
他の球団みたいに取ってこれないの?

COMMENT 0