コンパクトで最低限の機能

NECのレーザープリンターの
MultiWriter 5750C がユニットの接触エラーで
どうしても作動しなくなってから置物状態です。
エラー箇所のユニットを交換してもエラーが解消される保障もないので
いっそ買い換えるかどうか思案していたところ、
低グレードの5600Cが安かったので買っちゃいました。

150613-01.jpg
下二桁が「50」になっていないものはLAN機能がオミットされています。
スマホやタブレットからの印刷が出来ないのは残念ですが
値段の前には大した問題ではありません。
5750CはLANの設定が難しかったし、
私のPCのUSBスロットにも余裕があります。

唯一の懸念材料はドラムユニットの内蔵化。
自力で交換は出来ません。3万頁の寿命は、
私だけならどうせ1,000枚にも届かないだろうから
いかに壊さないように大事に使うかです。
5750Cの仇を取って欲しい。今度こそ数年持たせます。
ちなみに印刷の質は5750Cと一緒でした。
長野市のごみカレンダーのPDFファイルを印刷して、
去年5750Cで印刷した前年度のと比べてみたら
どっちがどっちだか分からないくらいでした。
実際のスペックは全然違うのですが
文書印刷だけなら何の問題もありません。
どうせ写真は綺麗に印刷出来ないからいくら細かくても無駄。
印刷速度はCPUとメモリの関係で倍近くかかります。
これも全く問題ありません。
どうせ一度に沢山印刷しないので
1枚30秒までなら余裕で待てます。

体積は半分以下、重さは半分強になったのが一番のメリット。
10kgなら腰を気にせず余裕で持てます。
あと低スペックになった分だけ消費電力も減りました。
最初からこれにしておけば良かった。5750Cを買った当時に
これが幾らしたか知りませんが。
Date: 2015.06.14 Category: PC全般  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


FC2カウンター
プロフィール

タンバリン

  • Author:タンバリン
  • アニメ鑑賞やTVゲーム
    の感想、自作PC弄りなど
    誤字脱字を面倒で直さずに
    書き連ねる日記です。
    国益を損なう政治家や
    メディアをたまに糾弾します。
Twitter
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ