明るさを取るか使いやすさを取るか

7月25日には上田わっしょい(7月最終土曜日)、
8月1日には長野びんずるや松本ぼんぼん(8月第一土曜日)
があります。

出来れば上田と松本には例年通りに写真撮りに行きたいのですが、
早朝バイトの後というのがネックです。帰宅して食事してすぐ寝て
夕方に出発すれば少しは体が回復しているかとは思います。
上田なら15時に家を出ても余裕ですが、松本は1時間では着きません。
さらに松本城まで行くのに距離があるから、疲れた足でどこまで
頑張れるか。となると、近場の長野びんずるで済ませるのも一つの手です。
でも地元だから行き飽きてるし、出来れば松本へ行きたいです。
これは体力・体調次第です。上田の方は体調が良ければ問題ないでしょう。

祭りは夜なのでEOS Kiss X3と標準ズームだと綺麗に撮るのは
けっこう難しいです。持っているストロボも至近距離しか照らせませんし。
今より明るいレンズなら、F値が低い分だけシャッタースピードが速く出来たり
ISO感度を低く設定出来ます。ISO3200で撮っていたのをISO1600で
撮れれば、写真のザラつきも、許容出来るレベルになると思います。
EF50mmF1.8 STMがその目的を達してくれそうですが、
APS-Cカメラだと中望遠レンズとなって普段の風景撮りには向いていません。
以前から欲しいと思っているEF-S 24mm F2.8 STMだと
明るさの差はどんなもんでしょうか。標準ズームで24mmにした時の
開放F値は4だから1段分明るいです。
それならいいかな・・・まだ祭りまでは日数があるので
もうちょっと考えてみます。

COMMENT 0