悲しい別れ

今年はベイスターズの急降下もインパクトが強かったですが、
それ以上に元横浜の人の去就が印象的な年でした。
古くは98年の優勝を経験している谷繁や斎藤隆の現役引退。
谷繁は大洋時代の選手でもありますからね、本当に長かった。
斎藤と同期入団の三浦大輔はどうするのか。高卒入団で4歳若いけど
それでも40オーバーだから個人的にはもういいんじゃないかなと
思っているんですが、今シーズンで三浦よりマシだった先発投手は
一応勝ち頭の久保くらい?井納は規定に10回くらい足りないけど
到達していたらある意味一番マシだったかも。

出戻りが嬉しかった多村は戦力外。FAの金城もそうだけど
長年愛された選手が別のチームに行くのが寂しい。
この球団は引退後のケアがロクに無いんでしょうかね。
藤田がトレードされた時は本当にショックでしたが
TBS時代は石井琢朗が広島に移籍したり、もっと前には
駒田を獲る為にチームの顔を含めて12人も首切りしたんだから
もうそういうチームだと思うしかありません。
あれがあったから98年に優勝出来たんだし、次に期待しますかね。

細山田を再び拾ってくれる球団は現れるのでしょうか。
彼もジェットコースターみたいなシーズンでした。
アニメ「Charlotte」に名前使われたし(笑)

昨夕は元横浜の盛田幸妃の訃報でしばらく放心状態でした。
脳腫瘍の再発は知っていたしブログの更新が去年の4月で止まっていたから
「これはかなり悪い」と思っていたけど、それでもなんとか
復活すると思っていました。しかし帰らぬ人となってしまいましした。
本当に残念です。現役時代、右打者に襲いかかるシュートは圧巻でした。
シュートというと、右投手が右打者相手にストレートで
アウトコースを突こうとしたら変な回転がかかって真ん中に入ってきて
打たれるシチュエーションばかりでシュートを意図して投げる
投手が少ないです。今のベイスターズに盛田みたいな投手が
居てくれたら…いや、それはそれで場が乱れるか。

COMMENT 0