あまり撮る気にならなかった

7月30日は「上田わっしょい」の見物に行きました。

何回も観に行っていると単なる見物人の私は飽きてきたのか
写真は適当で飲食だけして帰った感じになってしまいました。

160730-01.jpg
神輿。

いつも気になるのは、踊る連を平気で横切るギャラリー。
連と連の間どころか踊っている列に平気で割り込むのだから
ただでさえ有名な祭りと比較してダラダラしているのに
見物人?がそれに拍車をかけてどうするんだと思います。
きっちり仕切ることって出来ないんですかね。

昨日は「長野びんずる」へ。3年前からは「松本ぼんぼん」の見物を
していましたが、今年は面倒くさかったのと、前日に職場でぎっくり腰を
発動させてしまい、遠出が困難だったから近場で済ませました。

160806-02.jpg

160806-01.jpg
どこの地域にも言えることですが「祭りを見に行く」のには向いていない、
やる側向けの祭りです。勿論、きっちりした正調連や自由連でもそのアレンジを
整然と踊っている真面目な連もあるのですが、全体としては「行列」の域を超えず
観ていて楽しいものではありません。だからなのか一眼レフを構えている人は
少なかったように思えます。
長野びんずるの一つ良かったところは、連をダラダラ横切るの人が私の見ている
範囲では皆無だったことです。新田町の信号交差点の櫓を中心として
30mくらい手前で折り返し地点をつくり、そこだけは完全に三角コーンとコーンバーで
仕切りを設けて連のゾーンを独立させていたので動線がメチャメチャになりませんでした。

あと、新田町の交差点前のスーパーの入り口でやっていた店は
フランクフルトや唐揚げ串が100円、ペットボトル500mlも100円とかなり良心的でした。
私はフランクフルトだけ買って、飲料は駅ビル1Fのドラッグストアで予め買っていたもので
凌ぎました。交通費含めて1000円も使っていない…文句言うなら少しは金落とせよって話です(汗)

COMMENT 0