概ね満足

一週間前になりますが、バンブーさんから
EOS 5D Mark Ⅲが送られてきました。

160919.jpg
左がその5D MarkⅢ、右はEOS Kiss Fです。
これはKiss X3で撮影しました。そっちと比較した方が良かったか。
Kissと比べて大きい、グリップ側に上面液晶、
ダイヤル位置が左手側にという中級機らしい出で立ちです。
ここにバッテリーグリップを装着すると更に大きく重たくなります。

手元にあるレンズは望遠レンズを除いてAPS-Cマウント専用なので
バンブーさんから標準レンズが送られてくる来月末までは
望遠レンズだけで我慢です。望遠レンズを使いやすい場所は動物園。
という訳で行ってきました。両親も一緒でしたが(笑)


160925-01.jpg
以前はモノレール乗りたさに恐竜公園経由で北口から入りましたが、
今回は表口である南口から。入り口からすぐ階段を降りて左の檻に
ライオンがいて、メスはかろうじて起きていました。
5D MarkⅢは測距点が61点ありますが、
Kissの9点AFの使い方を流用する形でゾーンAFで撮影しました。
今までだと測距点に選んだ1点だけに集中していた場面でも、
その周囲8点を入れた9点が「ゾーン」としてピントを合わせてくれるので
失敗が少なくなりました。

160925-02.jpg
ジェフロイクモザル。フルサイズセンサーは
同じ絞り値でもAPS-Cよりボケます。
背景に余計なものが写りにくく、被写体を強調しやすくなります。

160925-03.jpg
キリン。フルサイズ機ならシャッタースピードを上げても
ISO感度をガンガン上げてくれるだろうと思って
シャッタースピード優先にしたのにISO100のままで
暗い写真になりました。ISOを固定にしちゃったかと思って
確認してみてもオートになっている謎。DPPで明るくしました。




160925-05.jpg
ニホンザル。動きモノとしては良い対象でした。

160925-06.jpg
ハンモックで休んでいるツキノワグマ。
朝の番組で「グランピングが流行っています」とかいうのを
やっていて、ハンモックでくつろぐ映像を見た母が
一度寝てみたいと言っていたばかりで、
やはりこれを見て羨ましがってました。
だったら去年ホテルニッコーグアムに吊るしてあったやつで
試せば良かったのに。


160925-04.jpg
チンパンジー。いい眼をしています。

160925-07.jpg
ふれあいコーナーの中にはヤギ、羊、アルパカのスペースもありました。
これはシバヤギという種類だそうです。

160925-08.jpg
隣にはモルモットの部屋が。ここから何匹か連れてきて子どもたちに
触らせているのでしょうね。
奥まった暗い場所、ISO6400でこれくらい撮れれば十分です。

160925-09.jpg
ウサギ。ぬいぐるみみたいでした。

160925-10.jpg
長野県の県鳥でもあるライチョウです。
アクリル板越しのせいか少しボヤッとしています。

160925-11.jpg
「はな子」で有名なアジアゾウ。ここのメスは「フー子」だったかな?
県内では唯一のゾウだとか。

160925-12.jpg
最後にレッサーパンダ。外に出ているのを
しっかり撮影するのはこれが初めてです。
以前両親を連れてモノレールだけ乗って
北口の外からタダ見したくらい。
160925-13.jpg
木に登ったりして。この状態だと流石にピントが
葉っぱに…そう思って他の写真でAFフレームが
レッサーパンダに来ている物を確認しても
ピントは葉っぱの方が合っているような…

160925-14.jpg
室内の方でも撮影。以前はkissX3で苦労したのに
5D MarkⅢは構えて撮るだけ。
ISO6400でこの画質。等倍で見ると
勿論ザラつきはありますが、写真の情報が失われているほどでは
ありません。

160925-15.jpg
南口近くまで戻り、さっきは大人しかったフラミンゴが
羽を広げたり、

160925-16.jpg
寝ていた雄ライオンが時々起きたりしているのを
撮影出来ました。

結局途中で絞り優先に戻してしまいましたが
今後はシャッタースピード優先モードも積極的に使っていきます。
カメラ本体と一緒に譲ってもらったバッテリーグリップも装着しての
フルサイズデビュー戦でしたが重さはそれほど気になりませんでした。
CARRYSPEEDストラップのお陰でもあるかな?

COMMENT 0