安心して年を越せる?

ノーリツの給湯器システムの交換は急を要するものではなく、
14年も経ったし壊れる前に交換するか、程度の計画でした。
私は業者に気を使って家を離れていて工事の様子は
さっぱり分かりませんが、給湯器システム一式の交換と
台所のキッチン用水栓金具の交換の2つの工事があったから
割と大掛かりだったと思います。

161226-04.jpg
台所側のパネル。こうやって蓋を開けないと温度変更が
出来ないのがちょっと面倒。従来のパネルと違って
台所からでも「追い焚き」が可能になったこと、
風呂の予約が出来るようになったこと、
昨日と今日の使った湯量と灯油量とCO2の量を知ることが
出来るようになったtこと、機能満載です。

161226-05.jpg
浴室内。こちらも蓋を開けないと温度調節が出来ません。
その分、ボタンが増えて直感的に押せるようになりました。
前のパネルだと設定ボタンを押してから増減ボタンで
湯量を設定するような、PCの液晶モニターばりの操作性で
難解でした、これなら目的のボタンを押すだけでいいから簡単です。

台所の水栓金具は壊れたフットスイッチシステムは無視して安く済ませました。
一昨年にスイッチが壊れるまでは水栓レバーを基本上げっぱなしで
12年間。パッキンも交換しないでよく保ったものです。
そして完全に手だけの操作になったわけですが、
車のサイドブレーキと一緒で、今でも足を使いそうになります(笑)

しばらく水回りの心配をしないで済みそうです。
Date: 2016.12.26 Category: 通常日記  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


FC2カウンター
プロフィール

タンバリン

  • Author:タンバリン
  • アニメ鑑賞やTVゲーム
    の感想、自作PC弄りなど
    誤字脱字を面倒で直さずに
    書き連ねる日記です。
    国益を損なう政治家や
    メディアをたまに糾弾します。
Twitter
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ