これもある意味速写ストラップ

また一眼レフ関連。
標準ズームレンズだけで撮影の殆どが事足りるようになったので
Loweproのトップローダーズームをメインのケースにして、
そこからサッと取り出して撮影してすぐ仕舞うスタイルにしようと思って
グリップストラップを注文しました。今までの安いやつだと
強度はともかく三脚穴にねじ込んだ後に外すのが大変だったので
ちゃんとしたものを考えました。

161229-01.jpg
それがこのPeakDesignのClutchでした。

161229-02.jpg
しっかりした箱に包装され、箱そのものが説明書みたいになっています。

161229-04.jpg

161229-03.jpg
付属品はこんな物が入っていました。
六角レンチは固定用として丸いのは?

161229-05.jpg
どうやら丸い部分は本体から切り離し可能で
付け替えをする専用部品のようです。

161229-06.jpg
161229-07.jpg
指で押し込みながらスライドすると外れます。

161229-08.jpg
このプレートはアルカスイス規格なので、同一規格の雲台を用意すると
クイックリリースプレートとして使えます。私は一つも持っていないので
三脚が使えませんが、今後は買い揃えていきたいです。

161229-09.jpg
ストラップ取付金具に通す部分もよく出来ています。
カラビナになっていて着脱が容易。

161229-10.jpg
2枚重ねの厚みがあるから金具に通す際に少しだけ
面倒ではあります。

161229-11.jpg
通した後はカチャンと嵌め込むだけ。

161229-12.jpg
底面に戻って、プレートとアタッチメントとの装着も
ワンタッチ。

161229-13.jpg
紐の強度は意外と高いので切れる事はなさそうです。

161229-14.jpg
装着完了です。紐部分を引けば締まり、
金具部分をクイと引き上げれば緩みます。

もし今後、APS-C機との二台体制にするなら
そっちはCarrySpeedを装着して左に提げ、
右側はトップローダーズームを提げてこの写真の状態で
中に入れて取り出す感じ?それともAPS-C機は
軽いからネックストラップにすべき?そうなるとニンジャストラップの
出番が来ます。場合によって使い分ければいいだけです。

COMMENT 0