止まらなければ問題ない

ここ1年くらい、夜間などのネット速度が
異様に低くなって困っていました。
BNRスピードテストで1Mbpsを切ることも。
バイトの関係で超朝型生活になり
ニコ生アニメをリアルタイムで視聴する機会が
減ったのでそれほど致命的ではなかったとはいえ
ADSL以下の速度というのはいくらなんでも酷いです。

父がドコモ光勧誘に引っかかってフレッツ光から
ドコモ光扱いになったのも影響あるのかなーと思って
とりあえずプロバイダの影響を受けない
NTT東日本のサービス情報サイトの速度テストを試すと
800Mbps超えの異様に速い結果が出ました。
理論値に近いです。つまり光回線そのものは問題ありませんでした。
そうなるとプロバイダのせいってことです。

プロバイダはBIGLOBEなんですが、フレッツの速度テストでもあった
IPv6接続可能なサービスを試すことにしました。これで速くなるなら
いいし、駄目ならプロバイダ変更も視野に入れることにして
父のBIGLOBEのIDとフレッツ光のお客様番号を探し始めました。
前者はすぐに貰えましたが光回線の方は開通完了の封筒がどこだか
よくわかりません。CAFが頭につく10桁の数字らしいのですが
ドコモ光の請求書にあるお客様番号は関係無いよね…
と思って自室を探したらフレッツ光の開通の封筒がありました!
そこにあるCAFから始まる番号と、ドコモの請求書に書かれていたお客様番号は
全く同じものでした。別にNTT東日本からドコモに変わっても
回線の中身は一緒だから番号も変わらないのか。
これでIPv6の申し込みが出来ました。

その夜、ネットをすると軽い。スピードテストを試すと300Mbps超え!
判別サイトでIPv6接続されていることも確認。こんなに簡単なら
もっと早く行動に移すべきでした。次にやや面倒な作業があったので。

ウチがNTTからレンタルしているホームゲートウェイにはLANポートが4つあって
天面には無線LANカードが刺さっているので本来ならばこれだけで
ネット環境は整備出来るのですが、無線LANカードの電波が弱いのと
4つ以上の有線LAN機器があるので別のルーターを使ってタコ足にしています。
IPv6接続可能になってもこのルーター(WG-HP600)を経由するとIPv4のまま。
どうすればいいのか調べてみると、このルーターはIPv6に対応しているとのこと。
ブラウザからルーターにアクセスし、IPv6の使用を可能にしてみました。
無線LANの方でも同様の設定をしてからスマホのWi-Fiで判別サイトにアクセス。
IPv6接続を確認しました。Wi-Fi機器の限界なのか別に速くはありませんが
壊滅的な遅さからはこれで開放されました。


いくらネット速度が上がっても占有していれば速度制限されてしまいます。
だから変な使い方はしません。おそらく今の使い方だと30Mbpsもあれば十分。
PS+のフリープレイで容量が10GBを超えるタイトルをDLする際は
速ければ速い方が良いですけど。
Date: 2017.03.29 Category: PC全般  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


FC2カウンター
プロフィール

タンバリン

  • Author:タンバリン
  • アニメ鑑賞やTVゲーム
    の感想、自作PC弄りなど
    誤字脱字を面倒で直さずに
    書き連ねる日記です。
    国益を損なう政治家や
    メディアをたまに糾弾します。
Twitter
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ